Fw: 指導者研修会作文 kum

平成29年指導者研修会

今回は見学。栗林先生の体の転換解説をじっくり伺うことが出来て少しモヤモヤが減
りました。

でも実際に動いてないとスッキリとはなれない。

緊張-弛緩、もらうーあげる、裏と表、カーリングのストーンの話など、手を変え品
を変えの説明。

色々な説明がとても面白く興味深いと感じました。

はたして、自分は実際に師範に手を取ってもらって、どれだけの事を感じ取れている
のだろうか?

感じていない事を感じられるようになるのは、本当にむつかしいと再認識の二日間で
した。

また、脳しんとうの話を聞いて、とりあえずバランステストを確認。こちらも他人ご
とではない。

なによりもケガをしないことが大切。無事之名馬。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.