Fw: 春の審査

「6度目の試験を終えて 」 初段 E.I

この度の審査で初段に昇格させて頂き、有難うございました。
今回の審査に向けてご指導を頂いた先生方や先輩方にも感謝しております。
合気道を始めていつの間にか4年弱。あまり何も考えずに稽古していたのか、振り返ってもインパクトのある思い出があまり思い浮かばず、、。良いように言えば「無心」だったのかもしれません。ただ、過去の審査の録画映像を見返すと、各級の審査毎に技のフォームが変化しており、それなり試行錯誤しながら稽古をしていたんだな、と感じました。
今年もコロナの影響で、稽古の休止・審査の延期・審査内容の変更、と二転三転変化していく中で、動揺も感じながら柔軟に物事に取り組み、最終的に審査での昇格という目標に到達できた事は、とても良い経験であり自信にも繋がったと思います。
初段の意味をネットで調べると「一番初めの段」と記載されていましたので、やはりここからがスタートと捉え、初心に返ってこれからもコツコツと色々なモノを積み上げて前向きに進んでいきたいと考えています。
今後ともご指導を宜しくお願い致します。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.