遠藤先生稽古の感想

どうしても技の形を覚えることに意識が向いてしまいがちですが、
今回の稽古で、相手の動きに合わせて自分の技のかけ方を変えるこ
とが大事であるということを実感することができました。主将という
立場として、どのような稽古をするべきかということを考えるきっか
けにもなりました。今後は、相手からの力を感じることを意識し、ど
のように動くべきかを模索しながら稽古していきたいと思います。
また稽古を組む時も形を覚えるだけの稽古にならないように工夫
しようと思います。貴重な稽古本当にありがとうございました。(yam)

先日はご指導頂きありがとうございました。「自分を大切にする」
ということを学べました。1時間という短い時間でしたが、合気道の基
本的な部分を理解し、実践することができました。またこのような機会
がありましたら、是非参加させて頂きたいと思います。(tsu)

私は合気道を始めてまだ日は浅いですが、稽古中の取りや受けをする
際、「この技ならこの受けをする」と身構えながら行っていました。しか
し今回、遠藤先生の稽古で、その場その時の相手の力のかけ方でこっ
ちがどれだけ自由に対応できるか、相手の力を逃がせるかという意思が
芽生えました。自分の中にある合気道の像が大きく変わったとても貴重な体験でした。sir

遠藤先生が、ただマネをするのではなくて、自分の体を知りなさいと仰っていたのが、と
ても印象に残っています。今までは、技のマネをすることに必死で、なぜそうするべきなの
かや、どう動いたらもっと上手くできるかといったところまで考える余裕がなかったのです
が、自分の体の使い方を考えながらやると、マネだけをしていた時よりも、体に動きがインプッ
トされやすく、自分体に合った動きができ、技がかけやすくなりました。これからは、ただマネ
をするだけでなく、もっと自分の体の使い方を考えながら、稽古をしようと思いました。また、
先生に何度も力を抜いてと指摘されたのですが、相手に捕まれると変に力が入ってしま
い、中々うまくできなかったので、力の抜き方に焦点を当てて、次の稽古に取り組みたいです。
高いレベルの中で、稽古をさせていただき、日々の稽古をもっと丁寧に取り組もうと、改めて強く思いました。ino

稽古をしていただきありがとうございました。先生が無理に力を入れず相手の力を受け流しているのを拝見して、
改めて合気道は相手を痛めつけることが目的ではないのだとわかりました。まだ合気道を始めた
ばかりで、技をかけることに必死になってしまうので、肩の力を抜いて相手の繋がりを考えて
稽古したいと思います。ありがとうございました。usu

あまりせいぶ館に行く機会がないため大学外の人と稽古する機会があまりなかった.そ
のため、今回外部の人と稽古ができたのは良かった.また、遠藤先生の説明から単に技
を上手くかけるかではなく、稽古の際の適切な思考法、受けの役割、さらに他人と
接する際の心構えを学べた.基礎すらなってない自分であったが先生は厳しく分
かりやすく指導していただいた.今回学んだことを糧に日頃の稽古に専念したい.sib

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.