10月からの土曜日夜の稽古時間

10月からの土曜日夜のクラスの時間変更です。

18時〜19時30分 野田

Posted in 公式連絡 | 10月からの土曜日夜の稽古時間 はコメントを受け付けていません

少年部

 稽古風景です。ぼちぼちしています。


Posted in 公式連絡 | 少年部 はコメントを受け付けていません

9月25日の稽古

脇の下や足元を狙っています。

Posted in 公式連絡 | 9月25日の稽古 はコメントを受け付けていません

昇級審査の作文 sat

 今回の昇級審査では、稽古で出していた実力を良くも悪くも発揮したように思います。個人的に良かった点としては、姿勢が挙げられます。普段の稽古でも骨盤を立ててまっすぐ立つように意識し、審査時もそのような意識を持って取り組みました。しかしこれは結果として動きの固さに繋がってしまったと考えています。講評の際にも指摘された通り、膝を柔らかくする必要性を感じました。また使い慣れない竹での審査ということもあり、力任せに投げてしまったように思います。そのため、全体的に芯が通った動きというよりも、融通の利かない固い動きになってしまったのではないかと思います。今後は姿勢などの良かったと思う点を維持しつつ、一つ一つの動きに柔軟性を持たせる意識で稽古に取り組んでいこうと思います。また次の三級審査では、その点に注意してより高度な動きができるようにしたいです。

Posted in 公式連絡 | 昇級審査の作文 sat はコメントを受け付けていません

昇級審査の作文 sat

 今回の昇級審査では、稽古で出していた実力を良くも悪くも発揮したように思います。個人的に良かった点としては、姿勢が挙げられます。普段の稽古でも骨盤を立ててまっすぐ立つように意識し、審査時もそのような意識を持って取り組みました。しかしこれは結果として動きの固さに繋がってしまったと考えています。講評の際にも指摘された通り、膝を柔らかくする必要性を感じました。また使い慣れない竹での審査ということもあり、力任せに投げてしまったように思います。そのため、全体的に芯が通った動きというよりも、融通の利かない固い動きになってしまったのではないかと思います。今後は姿勢などの良かったと思う点を維持しつつ、一つ一つの動きに柔軟性を持たせる意識で稽古に取り組んでいこうと思います。また次の三級審査では、その点に注意してより高度な動きができるようにしたいです。

Posted in 公式連絡 | 昇級審査の作文 sat はコメントを受け付けていません

9月20日の稽古

諸手持ちからの自由技です。広い間隔で稽古できるように、道場を3等分にしてから始めています。
Posted in 公式連絡 | 9月20日の稽古 はコメントを受け付けていません

9月19日の稽古

四方投げのような技です。受けは動きに逆らわず、四方投げをイメージして受け身をとります。

Posted in 公式連絡 | 9月19日の稽古 はコメントを受け付けていません

Fw: 審査 kaw

 今回の昇級審査で3級に進級させていただきました。ありがとうございました。
 今回は普段の体術での合氣道とは一味違う竹での昇級審査でしたが、たくさんせいぶ館で、稽古し、たくさんの方々に教えていただき、無事進級することができました。
 膝の状態が悪く、座技ができなかったので、立ってやらしていただきました。それでもこの技はとてもコツがつかみにくい難しい技でした。
 私が竹の稽古で最も得意としていたのは、逆半身の転換の技で、中尾先生の助言通り、体を沈ませて、相手に全体重を預けるようなイメージで行っていました。
 審査自体が受けるのが、半年ぶりだったので、いつも通りの稽古でやっていたようにやるのが大変難しく、緊張してしまいました。
 竹の稽古は、本来の合気道に通ずるところがいくつもあるような感じがして、コツもつかみやすいと感じるので、これからも、コロナが収束するまで、竹の稽古を励み、頑張っていこうと思います。

Posted in 公式連絡 | Fw: 審査 kaw はコメントを受け付けていません

連休の稽古

9/21(月・祝)8:30〜9:00 座禅会
       9:30〜11:00  中尾

       7:02〜8:10  休みます
       
       
         
9/22(火・祝)8:30〜9:00 座禅会
       9:30〜11:00  中尾

Posted in 公式連絡 | 連休の稽古 はコメントを受け付けていません

Fw: 感想文を送ります。

「ついに初段です」 加古川(姫路) nao

 「姿勢が良い、キビキビと力強かった。初段になってもらいます」と、講評を頂きました。
先生には「あんた、元気やなあ」以外の褒め言葉は、もらったことが無いので格別でした。私は、竹竿を剣と思って姿勢と残心に注意を払いました。

 姫路の武道館の合気道教室が、7月に再開して、9月の審査まで稽古日数6日。加古川は6月に再開。竹竿を使った、よう分からん稽古が始まった。9月の審査が有るのか無いのか分からない状態で、有るとしても竹竿を使うという事なら、パスしようと思ってましたが、加古川で「審査受けとき、次の時にと言っても、いつになるか分からないし」と言われ、確かにそれもそうなので、受ける事にしました。
 8月に発表された審査内容は6種類で、級も段も同じ技となると、級と同じ事をしていたのではダメだろう。しかも、今回一緒に初段を受ける西村さんが上手いので、私としては2人並べてみんなから見られるので、見劣りしないよう頑張らなくちゃと。そう思って稽古していくうちに、本来の合気道の稽古に戻った時に、きちんと足さばきが出来る竹竿の稽古、と考えると竹竿の押し合いと舐めてかかってたけど、こりゃ奥が深いわぁと思い直しました。
 
 加古川に土・日、稽古に来て5年。3級になってからも久しく、みんなに「いがちゃん、なんで袴はかんの?」と聞かれ、初段になったら履くわ、と答えていたのが、ついに袴を披露できます。よろしく。

Posted in 公式連絡 | Fw: 感想文を送ります。 はコメントを受け付けていません