(演武会作文) tan

<第50回全日本合気道演武会に参加して>

 

今回で2回目の参加となりました演武会ですが、大きな違いがあります。
 
前回は白帯でたいして技も知らず、もちろん有名な師範の顔ぶれも分からず・・・。

 
その頃はせいぶ館も団体行動だったので、金魚のフンのごとく、みんなに付いて

 
流れのままに時間が過ぎて行った感じでした。

 
しかし今回はいろんな道場のいろんな合気道を、また有名な師範の合気道も

 
じっくり見ることができました。

 
全体的な感想としては、「合気道はその道場の指導者の色が凄く出るなぁ」と改めて

 
感じました。

 
それは試合が無いからなのか、型が統一されていないからなのか、合気道自体が

 
自由だからなのか理由は分かりません。

 
そもそも道場によって色が違うことが、良いのか悪いのかも僕にはわかりませ

 
ん。

 
ただ今回のさまざまな演武を見て1つ感じたのが、「合気道を習うのにせいぶ館

 
で良かったなぁ」ということです。

 
 
 

翌日は、本部道場での稽古をスカイツリー&浅草観光に変更し、

 
そしてお決まりの学習院では、たっぷり2時間オーバーの稽古で良い汗を流しました。

 
スカイツリーのデカさにもびっくりしましたが、学習院の稽古に参加されていたロシアの指導者の方の

 
どえらい腕の太さにも、同じくらいびっくりしました。

 
 
 

こんな感じで男4人の東京2日間の旅は、楽しくあっという間に過ぎて行きました。

 
 
また機会があれば参加したいと思います。

 

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.