イギリス 

IMG_3917_1.JPG

 イギリスのブライアンの道場に行ってきました。この時期のイギリスは、もう
初冬ですね。寒っ!
 
 都合4回の稽古を3つの道場でしました。去年も会った人達や、せいぶ館UKメン
バー以外の人達も多く来、ええ稽古が出来ました。我ら、のマックスも顔を見せ、
元気に汗を流していました。
 イギリスというのはイギリス人だけではないんですね。スロバキア・ベル
ギー・スイス・ドイツ・トルコ・・・いろんな国から来た人が、普通に英語をし
ゃべって生活しとるんですね。それに、ウエールズの人というのはイギリス人で
はなく、ウエールズ人なんですね。色んな発見があった3回目のイギリスでした。
 
 現地のグループでの初段や弐段を持っている7人の人達が、初段の審査を受け
たんですが・・・さすが! というか、せいぶ館での参段審査の趣で、見事な動
きを見て、「日本人がんバラなあかんな」、と反省。

 土曜日には20人ほどの人が集まりパーティー。バカでっかいスーパーで、サン
ドイッチや握りずし・サラダ類・スナック菓子などを用意をし、何処も同じ「合
気道談議」。イギリスのビールは旨いですね。 
 

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

One Response to イギリス 

  1. 中尾先生、明子さん、
    イギリスでの稽古、指導、大変お世話になりました。普段のちょっとダレた感じの道場が、先生の稽古の時には凛としたしかも明るい楽しい雰囲気に変わり、そんな中でみんなとても楽しく合気道の稽古をすることができました。実際、とても楽しかったのです。

    中尾先生の合気道を目にした多くの人達の口から、異口同音のように聞こえてきた言葉が二つあります。ひとつは「あれはもう全然別の次元の合気道だなぁ。さすが。」という言葉。もうひとつは「彼(中尾先生)は合気道を本当に楽しんでいるように見えるね。素晴らしい。」という言葉。これらの言葉が出てきた元となった稽古のようすを、添付のリンクに貼らせて頂きます。リンク先は Flickr という写真共有サイトですが、250枚程度入れておきますので、お楽しみください。

    それでは、またお目にかかれる日を楽しみにしています。

    イギリス、ミルトン・キーンズ在住、山下