演武会 sae

演武会に参加して   

 今回は、井出君と畑中君が出るということで、本部師範の演武だけでなく、他県の
指導者演武も真剣に見ることができました。
 
 井出君は、いつものように腰も安定し、落ち着いた演武をしていたのが、とても
すばらしかった。感心した。やはり、まじめに稽古を積み重ねている人は違います。
できれば、夜のパーティーでゆっくり話したかったです。

 畑中君の受けも興味深かった。実は10年ほど前、三田の10周年で栗林先生の
受けを取らせていただいた時、目が覚めるほど放り投げられ続けた事があったから。
畑中君はええ受け、これからが本当に楽しみです。社会人になっても、結婚しても、
子供ができても、合気道をせいぶ館で続けていってほしいと強くい思いました。

 翌日は、本部の道主の稽古に出、若先生や入江先生とも稽古ができ、その後の
学習院の遠藤先生の稽古も充実した時間でした。

 来年は、より多くのせいぶ館の人たちが参加するようになればいいと思います。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.