演武会

 今まで行ったことのない人やこれから行こうかと思っている人の為に、演武会
参加の一通りの流れをご紹介します。
まず朝、東京に着いたら駅でも空港でもすぐに駅弁を買いましょう。演武会は正
午に始まります。武道館にはホットドック、ジュース、アイスクリーム程度しか
売っていません。特に東京駅では改札を出る前に買わないと、改札外は10時ま
でほとんどのお店が開きません。実際私はこれで困ってしまいました。東京駅か
らは、地下鉄で10分程度の九段下駅が最寄り駅ですが、一つ前の竹橋駅で降りる
のもよいでしょう。入場待ちの長蛇の列が武道館そばの公園に伸びており、竹橋
駅から向かう方が列の最後尾に素早くたどり着きます。武道館へは11時前あた
りに到着するといいでしょう。受け付けは代表の人がやってくれますので心配し
なくてよいです。せいぶ館は現地集合現地解散です。一階正面、来賓席左側に座
るのが恒例ですのでそこまで行けば誰かに会えるはずです。席は決まっておらず、
全員一緒に座れないこともあります。ただ座席は十分あり、座れないことはあり
ません。席に着けば時間はたくさんあるのでゆっくりと弁当を食べながら出番を
待ちます。出番はプログラムを見て知り、適当な時間に演舞場に行きます。実質
1分しかないので、集中して高速で演舞して、あっという間に終わります。複雑
なことはする暇がありません。自分の中で技の順番を決めておいて時間が切れる
までペアの人とひたすらこなしていきます。相手の人にはずっと正面打ちでなど
とお願いしておきます。その後は、他団体の演武を見たり、武道品業者の出店を
ひやかしたり、東京在住の元せいぶ館員の人とお話ししたりして、ゆっくりして
6時前くらいに閉幕です。みんなで写真を撮った後、遠藤先生との都内での食事
会へと流れていきます。私は今回は夕方で失礼して、東京在住の友人たちと久し
ぶりの交流を深め、翌日神戸に帰りました。
今まで演武会に行ったことのない人は、一度でも行ってみるのもよいかもしれま
せん。実に多くの人、団体が合気道に取り組んでいることを目のあたりにする良
い機会です。また、めったに東京に行かない人にとっては、一年に一度の自分の
イベントとしても楽しめます。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.