Fw: 全日本合気道演武大会に参加して

今回は三つのポイントを意識して参加しました。
一つは 師範演武を見るとき スピードと緩急を
意識してみること。鈴木師範のスピードと遠藤師範の
緩急が頭にありました。
緩の中に微妙に相手を呼び込んだり、動きを見極めたり
そこからのスピードがあったり。参考になるというか、
憧れるというか、精進します。
遠藤師範の二人掛けと 安野師範の 短刀の使い方を
特に ビデオで何度も見直したいです。
松井さん いつもお世話になります。
二つ目は各道場演武の時、特に目に付く人を追いかけて
観ること。目に付く人は やはり姿勢がよく 腰を落としての
脚捌きが出来ている人です。
本部師範の動きそっくりな人が居て、これも「学び」の
方法だなあと感心しました。
三つ目は 道場演武のとき 受けのときは しっかりと
攻めて 気持ちよく投げてもらい、とりの時は天から見られている
イメージで急がず 慌てず 姿勢よくを意識しました。出来たかどうか。
これも ビデオで確認したいです。
重ね重ね 松井さん お世話になります。

この日は 私も合気道を志す一人だと 改めて
誇らしくなる一日です。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.