せいぶ館UK

Eat, draw, practice aikido            2nd kyu Daryl
食べること、書くこと、合気道の稽古をすること  2級 ダレル

The more I practice, the more parallels I notice between art, aikido and
cooking. They all utilise fundamentals, techniques, practice and
exploration. In art the fundamentals are composition, values/lighting,
colours and anatomy. For aikido they’re turning, distance, circular
movement and harmony. For many things one can apply principles, and
through repetition, increase their prowess in something. Even if you
understand an explanation, without applying the theory to practice one
cannot move ahead in their ability to execute on those ideas.
Techniques in cookery include frying, whisking, mixing, braising and
emulsifying, whereas in aikido its shihonage, tenchinage, sankyo, gokyo
and kubinage. These should adhere to fundamentals and principles in
achieving the goal whether that be throwing an person or cooking a curry.
The end result may well not require many techniques or all the
fundamentals but when carried out regularly improvement is traceable
over time. Such improvement may be more noticeable in visual arts but
can also be seen in other arts too.
As one’s confidence grows it is important not to grow complacent
however, lest we stop growing. Our perception and ability grow at
different rates so at certain points in this ebb and flow we can feel
stuck at a standstill (or even that like our abilities are decreasing).
Knowing that this is, in effect false, can help one power through such
points.
All the artists in the tutorials I have been watching speak about these
things; the perseverance and practice needed to reach a certain level;
however much we learn or however proficient one becomes there is always
more to discover, further to push one’s skills. This desire for a
profession or hobby that remains interesting over an entire lifetime
seems common, and many of these artists also express an interest in
cooking, sports or martial arts.
So my style may be unique, but the way I feel about art and practice is
very common.

稽古を重ねるにつれ、私は芸術、合気道、料理に多くの共通点があると気づき始
めました。そのどれもが基本、技、稽古そして探究が必須だということです。芸
術の基本は、構図、明暗、色そして解剖です。合気道では、転換、間合い、円の
動きそして調和となります。その一つ一つが重要で、繰り返し練習することによ
って、何らかの中で上達していきます。例え真相を理解したとしても、実際に稽
古しない限りは、その考えを実行する能力はないということです。
料理において、焼く、泡立てる、かき混ぜる、蒸し焼きにする、乳化させるとい
う技は、合気道においては、四方投げ、天地投げ、三教、五教そして首投げなど
の技です。こういった基本や重要なことの最終的なゴールは、受けを投げるとい
うこと、あるいはカレーを作るということになりますね。結果的には、多くの技
やすべての基本が必要とされないかもしれませんが、定期的に長年、何度も実際
に繰り返すことで、そのすべてが上達してきます。きっとそのような上達は、視
覚的に見える芸術などで最も気づきやすいのですが、他のアートであっても同じ
ことです。
自信がついてくると、それがただの自己満足になってしまわないことが大事です。
なぜならそこで上達が止まってしまうからです。それぞれの理解や能力の成長の
速さは個々によって違います。潮の満ち引きのように、満ちたり引いたりしなが
ら、あるときは何かにぶつかって成長が止まったかのように(時には後退したか
のように)感じるときがあり、その時期を乗り越えるために、一つの力手助けし
てくれます。
私がビデオで観た芸術家の師はすべて、ある程度のレベルに達するには、挑戦し
続けることと稽古を続けることが必要であると言っています。しかしながら学べ
ば学ぶほど、そこには次の技術を取得するためにもっと学ぶべきことがあるのを
発見します。プロであれ趣味であれ、興味があることに生涯を費やすことはよく
あること、と、多くの芸術家、または、料理やスポーツ、武道の世界でも述べら
れています。
そうですね。私のスタイルはユニークかもしれません。しかし私がアートに感じ
ること、実行していること、というのは、とてもあたりまえのことなのです。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.