せいぶ館UK

昇級審査後のエッセイ               一級 ミラ
1st kyu Milada       
My essay is only distantly related to aikido. I have never been a “bath”
person. This changed, however, after my trip to Japan last year. I tried
a bath in our hotel there several times and, to my great surprise, I
really enjoyed it. Not only was it more relaxing than a shower, but it
also helped me to ease strained muscles.
Since then, whenever I feel stiff, I take a bath. Though my bath at home
in my tiny bathroom is something different than wonderful, large bath
full of hot water in the Japanese hotel, it still works wonders.
So after busy week with Nakao Sensei, I am looking forward to having hot,
steaming bath.
Just a quick reflection on today´s grading. I had been more nervous
before the grading then I was when actually doing it. So I can not use
nervousness as an excuse. I am not entirely happy with what I showed
today and I know that I need to improve a lot. I am grateful to Nakao
Sensei for his feedback. As I said before, the most difficult thing for
me about learning aikido is that I am not able to remember. So I guess
the only possibility is to carry on practising, enjoy it, and see what
will eventually get stuck in my memory.
Thank you Nakao sensei for this week of practise and your effort to help
me get better.      
私のエッセイは、合気道に少しだけ関係していることです。今まで私は「お風
呂」の人ではありませんでした。これが変わったのは、昨年の日本旅行の後です。
私は宿泊先のホテルの大浴場を何度か利用し、自分でも大変驚いたことに、とて
も気に入ったのです。シャワーよりもリラックスできるというだけでなく、私の
筋肉痛を癒してくれました。
以来、私が固くなっている、と感じた時は、お風呂に入るようにしています。自
宅の小さなお風呂での入浴は、日本のホテルのたっぷりお湯が入った大きなお風
呂に比べて、素晴らしい、というのとは違いますが、それでもびっくりするほど
癒してくれます。
だから私は中尾先生との忙しい一週間の後の、熱くて蒸気いっぱいのお風呂を楽
しみにしています。
今回の審査について振り返ってみます。今回は審査前の方が、実際に審査を受け
ているときよりも緊張していました。だから緊張していた、というのは言い訳に
ならないと思います。今回の審査での演武は、完全に上出来とは言えません。も
っと上達すべきなのはわかっています。でも中尾先生からの評価はうれしかった
です。                 以前にも言いましたが、合気道を学
ぶ中で、私にとって一番難しいのは「覚える」ことです。ということは稽古をし
続けるしかありませんね。稽古を楽しみ、いつか記憶に残っていることを望みま
す。
中尾先生、明子さん、今週は私たちのために稽古をつけて下さり、本当にありが
とうございました。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.