せいぶ館UK

うるさい合気道                  弐段 ベイトマン明子

今回の審査で弐段に昇段させて頂くことになりました。これまで指導して下さっ
た先生方、審査にて受けを取って下さった方々、今まで一緒に稽古をしてくれた
仲間に感謝致します。
私と一緒に稽古して下さった皆さんはご存じでしょうが、私は合気道の受けを取
るときにうるさい声が出ます。どれだけ声を出さずに、静かに稽古しようと試み
ても、どうしてもギャーとか、わーっとか、声が出てしまいます。今回イギリス
で中尾先生の受けを取らせて頂いたとき、「明子さんの声は、わしが100パーセ
ントの力から0パーセントの力へ抜いた時に出るな。」との指摘を受けました。
そう思ってよく(自分自身を)観察してみると、そうなんです。バランスを失っ
た瞬間、転びそうになった瞬間に声が出るようです。どうも私の声とバランス感
覚は連動しているようです。今まで私は稽古仲間からいつも「うるさい」やの
「静かにしろ」やの「シーーーっ!」やのと注意されてきましたが、実は私と稽
古すれば、取りとして、いかにうまいこと受けのバランスを崩しているか、いつ
力が抜けているか、ということがわかるメリットがあることが判明しました。だ
から皆さん、うるさい私ですが、これからもお付き合いのほど、よろしくお願い
します。あ、ちなみにもうひとつ、疲れてくると立ち上がるときに「ドッコイシ
ョ」と声が出てしまいすが、これはバランスとはなんの関係もありませんので悪
しからず。笑。
私は2年前に初段を頂いてから、必死に稽古に取り組んできました。ほんまに必
死でしたねぇ。というのも、一番は私自身の合気道に自信がなかったからです。
こんなんでは黒帯保持者として恥ずかしい。日本人として恥ずかしい。という思
いがあったと思います。そんな焦りにも似た気持ちが、最近になって変わってき
ました。自信がついたというわけではないと思います。ただ、他の人にどう思わ
れるか、ということよりも、自分自身が稽古を純粋に楽しむようになってきまし
た。もっともっと合気道をやりたい。今はそんな気持ちです。
まだまだ黒帯ゴール論(黒帯を頂く事が「始まり」ではなく、「ゴール」やとい
う考え)が根強いイギリスで弐段になるということは、ある意味責任の重いこと
だと思います。でも私は今後も一生懸命精進していくのみやと思っています。稽
古して、うるさい声を出して、楽しく、そしてきちんと精進していく。それがイ
ギリスで合気道を学ぶ、日本人の私のお役目やと思って、これからも頑張ります。
本当にありがとうございました。

Noisy Aikido Akiko Bateman Ni
dan

This year I was awarded nidan. I’d like to thank the people who taught
me, the people who took uke for me and the friends who have practiced
with me. Everyone knows I do noisy aikido, when I am uke I always make
noise, no matter how hard I try not to, there is always a “Ga” or “Wa
” to be heard. When Nakao sensei used me as uke this year he told me
that I make noise when he changes his power from 100% to 0%. I thought
about this and realized I make the noise when tori takes my balance, so
maybe my voice and balance are linked. Until now, my friends were always
telling me to be quiet during keiko, but, there is a benefit to practice
with me – if I make a noise, tori knows that they have relaxed and moved
well to take my balance. From now on, I am still noisy but please
continue to practice with me. One other thing, I also make a noise when
I get up, but this is not related to balance, this is just senior
movement.

Since I received shodan 2 years ago I have put a lot more effort into my
keiko. This is because I didn’t believe in myself that I was worth
shodan level, as a Japanese person doing a Japanese martial art, I was
embarrassed that I had a black belt. I put a lot of pressure onto myself,
but recently this feeling has changed. It is not because I get
confidence, it is because I am starting to enjoy my practice a lot more.
Now I just want to train more and more. In the west many people think a
black belt is the goal for learning so nidan is a high responsibility.
But for me, it’s just about practicing hard, making noise, laughing and
practicing more. This is my duty as a Japanese person practicing aikido
in England. Thank you very much.

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.