Fw: 全日本

開場一時間前に日本武道館に着くと、早くも沢山日本各地から合気道好きの方々が集まっていました。老若男女関わらずイキイキとした顔をしながら、自分達の演武をどのようにしようだとか、どの師範の演武が楽しみだとか、どんな人と再会できるかなど話をしていました。

とはいっても、あくまで合気道の演武を日本武道館でさせて頂く訳であるので、ただその場を楽しむだけではなくて、気を引き締めなければならない。そんなウキウキとした気持ちと緊張感が武道館全体に充満している場は、なんとも言えません。私にとっては最も心地の良い場です。

今年で四回目の出場となりました。今回小嶋先生の道場でも出場させて頂き大変感謝しております。ありがとうございました。

栗林師範の演武で受けを今年もさせて頂きました。稽古を積み重ねて行くほどに、栗林師範の受けを私がさせて頂いて良いのだろうかという気持ちが強くなってきます。しかしながら、お受けさせて頂く以上は師範が私に依頼されたことに少しでも報いる気持ちで、全身全霊でぶつかっていこうと思っていました。結果、今年も反省点は挙げればキリがありませんがこれからもその反省点を忘れずに稽古に励んでいきたいと思っています。演武が終わると色んな方々に声をかけて頂き、大変嬉しく思います。合気道は普段誰に評価されることもなく、ひたすら稽古するものだと思っていますが、こういう機会に批評して頂くということは、とても有り難く、稽古の励みになります。

ハノイでお世話になりました、リサさんに再会できました。リサさんはハイさんともお会いすることができて、ちょっとしたサプライズも成功しました。ベトナムから来られたハイさんにとっても、良い日本の思い出の一つになったのではないでしょうか。

今年もせいぶ館からは沢山の方が行ったと思いますが、来年はより大勢で行きましょう!合気道に「狂った」素晴らしい方々との再会、新しい出会いが武道の聖地で待っていますから!!

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.