兵庫県連の感想です。yan

姫路の兵庫県民大会に参加しました。今回の先生は森師範。とても物腰柔らかな先生で、技だけでなく鍛錬の仕方も教えて下さり有意義な稽古でした。
そして何と言っても、今回は何度も受けに使って頂けて、先生の技を直に体験することがたくさん出来ました。体の転換の時の先生から伝わってくる圧や、後ろ両手取り呼吸法の時の崩しのダイナミックさを肌で感じられたのが今回の宝物です。中尾先生や佐伯さんが言われている、常に師範の目の前にいて目でアピールをした甲斐がありました。
稽古後の懇親会も、もちろん参加しました。灘菊のわたあめのすき焼きと日本酒は以前味わってからやみつきです。美味しい料理をたくさん食べて飲んで、稽古の疲れで満足しながら電車で爆睡が、僕の兵庫県連講習会の1日として定着しようとしています笑。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.