ミラのエッセイ

初段 ミラダ

How do I feeI when practising aikido ?
On tatami, I feel wonderful. I enjoy nearly every training. But when I think about it outside the dojo, I often have a feeling of despair because I cannot see any progress. It’s confusing because I don’t understand how it is possible to enjoy something so much without any tangible results.
And I have the same ambivalent feeling about the black belt. When I started aikido years ago, I never believed I would be able to make it so far. The black belt was an unreachable goal. A part of me still cannot really believe that I have done it. It feels little bit sad – like something is finishing . I suppose the sadness is heightened by the fact that I am leaving soon. I will miss you all dearly. But at the same time it feels exiting – like beginning of something new.
So I guess the only thing I can do is to keep practising wherever I go and not to think about it too much. Thank you for everything, I have had wonderful time with you and I will never forget you.
合気道の稽古をしているとき、私はどのような気持ちでいるでしょうか。
畳の上では、ほとんど毎回、稽古する度に素晴らしい気持ちでいます。しかし、道場の外では、全く上達していることを感じられないので、しばしば絶望的な気持ちにもなるのです。明確に結果が見えないようなことを、なぜ楽しんでいるのか、自分でもわからなくなって困惑します。
黒帯についても、これと同じような相反する感情があります。ずっと前に合気道を始めたときには、自分がここまでこれるとは思ってもいませんでした。黒帯は私にとっては、絶対に手が届かないものでした。いまだに私の一部は、自分の初段昇格を信じることができません。
実際に初段を頂き、遠く掲げてきた目標に到達してしまい、少し悲しいような気持ちでもいます。きっとこの感情は、私がもうすぐこのせいぶ館を去らなければいけないからかもしれませんね。しかし同時に、新しい一歩を踏み出すことに興奮もしています。
今後私ができることは、どこに行っても、いろいろ考え過ぎずに、稽古を続けていくことです。本当にご指導ありがとうございました。素晴らしい時間でした。皆さんのことは決して忘れません。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.