加古川  合気道感想文

「健康と合気道」 西川 寿和  四級

合気道を始めて「折れない腕」「膝をゆるめる」「力の方向を五指で使い分ける」な
どを稽古、仕事、農作業で草刈り機を使う時に気をつけていると、肩こりと頭痛が消
えていました。
まもなく2年たちますが、自分の意識と、技と、体の動きが一致したのは、まだ2回
で、合気道の奥深さを実感しています。
先輩方の親身なご指導のおかげで、なんとか技らしくなってきたところで審査を受
け、合格できました。ふだんの生活にはない達成感と、感謝の気持ちでいっぱいでし
た。
これを糧に、これからも「平常心」を目指し稽古に励んでまいりますので、どうぞよ
ろしくお願いいたします。

「初めての審査が終わって」  橋本 祥吾  五級

僕が合気道を始めた理由は、空手や柔道と違い 力を入れず相手の気に合わせて行う
武道に魅力を感じたからです。
 合気道はとても奥が深いですが、丁寧に指導してくださる先生方のお陰でこの度、
無事進級することができました。
 この喜びを糧に、これからも稽古に励み 日々上達していけるよう頑張ります。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.