せいぶ館UK   

Relax, just do it…            2 kyu Hayley

It seemed that over the last 12 months one of the most consistent
instructions I kept hearing was to “relax”. Whether practising Aikido,
learning to snowboard or me teaching people to dance, it seems that a
recurrent theme was nothing works if you’re not relaxed.
To be honest, I’d never really thought about it before, but since I
started to think about, I noticed just how important it is in many ways.
When learning to snowboard, relaxing is really important, as is your
posture (just like aikido). Though when you first step onto a board that
wants to fly down the slope at top speed and you can’t control it,
relaxing is the last thing on your mind! Perversely though, the more
relaxed you are, the more control you have, you can soften your knees to
control small impacts and avoid falling and you can direct the board
more easily. Understanding this is one thing, getting your body to it is
another and can take quite some time.
In partner dance, as with Aikido, you must work with your partner (uke/
tori) to make the moves (waza) work. When I’m dancing, it’s the most
natural thing to me, so I am able to work together with my partner to
move fluidly and without tension to make the dance flow. However, when I
teach beginners, I can see that they don’t understand this yet and
spend a lot of time furiously gripping their partner’s hand and making
it difficult to lead and follow moves.
Which brings me to Aikido. It took me a while to recognise that I wasn
’t as relaxed as I thought during keiko, maybe coming from another
martial art where was a heavier emphasis on striking and doing the waza
to someone, rather than working together influenced this. I have also
found that being told to relax has the opposite effect on me, it usually
makes me more tense as I am concentrating on being relaxed!
Over the last few months and especially since training again in Kobe, I
have really tried to be more mindful in my aikido and keep a more
relaxed attitude when training and in life in general. I’ve also tried
not to drink coffee right before training if I can, as that can leave me
feeling tense! (Grading not included…I needed that coffee!)
Since I have started thinking this way, I have found Aikido even more
enjoyable, I hope that I can continue training this way for many years
and that we can share this way of practising with many people.

リラックスする、ということ                    2級 
 ヘイリー
この一年の間に、「リラックス」という言葉をよく耳にしました。 合気道の稽
古のとき、スノーボードの練習中、ダンスを教えているときにも、「リラック
ス」という言葉が心に残りました。ここで大事なことは、リラックスしていなけ
れば効果がない、ということだと思います。         正直なところ、
私はこのことについて、今まで考えたことがありませんでした。でも、実際に考
え始めてみると、いろんな方面でとても大切なことだと気づきました。スノー
ボードを学んでいる時、リラックスすることは姿勢(合気道と同じように)と共
に本当に重要なことです。初めてスノーボードに足を乗せ、坂道をものすごい速
さで滑り降り、コントロールができない状態のときは、リラックスすることなん
て考えることすらできませんよね。でもリラックスすることで膝がゆるみ、小さ
な衝撃を吸収して転倒を防げたり、ボードに乗りやすくなります。しかしこのこ
とを頭で理解できたとしても、実際に身体がリラックスするようになるまでには
時間がかかります。ペアのダンスを合気道として考えると、動ける(技が効く)
ようになるためには、パートナー(受けと取り)と調和して動くことが大切です。
ダンスをしているとき、私にとってこのことはとても自然なことなので、私は
パートナーと一緒に、滑らかに硬くなることなく、ダンスの流れをつくることが
できます。しかし初心者を教えているとき、このことが理解できていない人は、
パートナーの手をギュっと握っているので、相手はリードしにくく流れるように
踊ることができません。  このことを合気道に置き換えてみると、私はリラッ
クスすることのことの大切さに気づくまでに時間がかかりました。きっとこれは
私がしている他の武道では、相手と調和するというよりも、相手の攻撃を制する
動きを重視しているからかもしれません。また、私はリラックスしろ、と言われ
れば言われるほど、意識してもっと硬くなってしまうことにも気が付きました。
                     ここ2〜3か月、特に神戸での稽古
以降、私はこのことを意識するようにし、リラックスする態度を稽古と生活に取
り入れることを心掛けるようにしています。また、興奮しすぎないように、稽古
の直前にはコーヒーを飲まないことにしました。(ただし審査の前は別。審査前
のコーヒーは必要です。)                        
                       このように考え始めて以来、
合気道がもっと楽しくなりました。これからも、このような心持で長い間、多く
の人と稽古し続けていきたいと思います。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.