せいぶ館UK 

Aikido Martial arts.                  Shodan Joe

Another year has passed and I have managed to grade again this is always
something I look forwards to any time I have the opportunity.
Unlike most of the times I have graded, this year has been problematic
for me due to timing and other influencing factors generally to do with
business & life.
It is ironic that Aikido allows me to forget the world during training
but also Aikido reminds me that I have to cope with everything all at
the same time regardless.

This year I think of Aikido and what I am trying to learn only to find
to many options to analyse so I just train and see what happens rather
than trying to understand the essence of an art that takes 20 or 30
years plus to emulate. I have to enjoy something to commit my time to it
and I also have my age and life to balance during my days so training
for me is always a victory every time I finish a session.
Aikido has always drawn me because of the response control, I was first
shown Aikido by a late friend who worked in security, they always said
it was the best art for dealing with an aggressor quickly, I know now
what the sentiment was however there is so much more to learn bearing in
mind I do not study any other form of combat or Martial arts nor have I
studded Aikido anywhere else than Seibukan.

Techniques aside I struggle to understand why some people hurt others,
keeping control of an ego is as important as keeping control of your
Aikido.
Aikido allows me to feel & measure the response to an attack; some
people miss this important point I think.
I will probably never understand why some people hurt others outside a
real combat situation, apologises to any one I might have injured by
mistake during training.
For me Aikido is fun and provides me with a good interesting way to help
me stay fit, Aikido sometimes can be far from a real fight scenario,
its sometimes easy to forget that Aikido is also a devastating martial
art.
I look forwards to training again very soon and would like to thank
Seibukan Aikido UK and Nakao Sensei for teaching Aikido & for coming to
the UK again to teach us.
It’s the highlight of the year for me and is something that I always
look forwards to.
I hope I will be training for many years to come.

Kind regards
Joe
Seibukan Aikido
合気道 初段 ジョー

また一年が経ち、今年はいつも楽しみにしている、審査の機会を得ることができ
ました。
今までとは違って今年の審査は、仕事でも私事でも、問題が山積みの最悪のタイ
ミングで受けることになりました。合気道というのは面白いもので、稽古をして
いる間は、今自分の周りで起こっている事すべてを忘れさせてくれると同時に、
今自分が向き合っていかなければいけないことすべてを思い出させてくれます。
今年、合気道の稽古の中で私がやってみたことは、理解するには20年、30年以上
かかるであろうこの武道の本質を分析することよりも、ただ稽古をして身体を動
かす、ということでした。自分の年齢や日常生活のバランスの中での自分のため
に使う時間は、楽しめることでなくてはなりません。そういう意味で合気道の稽
古を毎回終えた後は、いつも満足です。合気道で一番おもしろいところは、様々
な動きにどう対応するか、ということです。私に合気道をみせてくれた警備員時
代の友人たちは、いつも私に合気道は攻撃をしかけてくる人に素早く対応する、
最も優れた武道だと言っていました。実際にやってみた今、私はそれが事実であ
ったこと、そして他のコンバットや武道では学習できなかったことを、せいぶ館
で学ぶことができたと思います。
技ということとは別ですが、私はある人たちがなぜ誰かを傷つけるのか理解に苦
しみます。 合気道をコントロールするように、自分のエゴをコントロールでき
ることが重要だと思います。合気道は、そのような攻撃的な人たちがわかってい
ない、傷つける行為に対する感情や対応の方法などの大切なことを私に教えてく
れると思います。私は絶対に誰かを傷つける人たちのことを理解できないと思い
ますが、もし私が稽古中に誰かに怪我させていたらごめんなさい。
私にとって合気道は、楽しいもの、そして健康を維持するための興味深い方法で
す。合気道は実際の戦いとは遠く離れたところにあることもありますが、それが
素晴らしい武道だということを忘れてはいけません。
今後も稽古を続けていくことを楽しみにしています。そして合気道を教えるため
に遠いイギリスまで足を運んでくださった中尾先生と明子さんとせいぶ館UKに感
謝します。この一週間は今年一番の出来事、そして毎年楽しみにしていることで
す。
これからも長い間合気道の稽古を続けていきたいです。ありがとうございました。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.