せいぶ館UKから 

Shinsa essay                1kyu Tony

Relax and breathe Another grading been and gone. Another year of
practice. More time spent seeing and trying to understand subtle
differences in techniques that on the surface appear to be the same.
Some frustrating moments when nothing seems to work and some joyous when
all becomes effortless. It is said in the Dojo, it is said at my work,
it is said in many aspects of most people’s lives – Relax! Usually
causing the opposite effect. But it’s truth is simple. If you learn to
relax and accept what you can and cannot do/learn/be, everything becomes
simpler. Having just taken another step towards quite a large milestone
(Shodan) and witnessed other Aikidoka testing for theirs, as much as I
look forward to the day when I can face the same test, my thoughts lie
simply with this – more practice. In the Dojo thoughts of the outside
world drift away, and with them the tensions they hold. Yet another
reason why more people should seek Aikido. I look forward to the
continuing journey.

審査後のエッセイ                  1級 トニー
今年もまた審査が無事に終わり、ほっと一息つきました。また一年の稽古の始ま
りです。 表立っては同じに見える技のかすかな違いを、時間をかけて見て、試
してみて、理解しようとします。 何もかもが上手くいかずに落胆することもあ
り、努力を要せずに上手くできて喜ぶこともあります。道場で、仕事で、ほとん
どの人たちの生活の多くの局面で、リラックスしろ!と言われます。そう言われ
ると逆に硬くなってしまいますよね。でも真実はシンプルなんです。もしリラッ
クスすることを学び、できること、できないこと、学ぶべきことを受け入れたと
き、全ての事がもっと簡単になります。また一歩、かなり大きな目標である初段
に近づき、初段の審査を受けた友人たちの審査を見て、私が同じ審査を受ける日
を楽しみに思うのと同じくらい、私の頭の中には、もっと稽古しなきゃ、という
言葉が浮かんできます。道場の中では日常の事は忘れ、抱えているストレスを手
放します。こういうことから多くの人がもっと合気道をやってみたらいいのに、
と思います。これからも合気道の道を歩み続けることを楽しみにしています。 
       

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.