せいぶ館UK Fw: エッセイ

As far as I can think back in time Martial arts always fascinated me. My
journey started with one of my greatest influence: Bruce Lee. After
seeing his amazing skills, I knew that one way or another I must know
more about martial arts. Physically I was a weak child often victim of
bullying. While my father seemed to be the strongest man alive in the
world. He used to do Jiu-Jitsu and as a police officer he was a living
legend. I remember when I visited his work I used to hear unbelievable
stories about him from his colleagues. I was really proud of him, but at
the same time I felt even weaker every time. When I was about eight I
started to learn Kung Fu, however it didn’t last very long when I
failed my grading on a boot camp. For a long time, I considered it my
greatest let-down and felt I was a disappointment to father. Following
this in my teen age I ended up getting in trouble more and more often. I
got into a friend circle where we practiced Thai box in a garage. I wasn
’t particularly great at it either, however I started to understand: no
matter what martial art one learns the goal is not the fancy
demonstration, but survival. After my graduation at high school we went
out clubbing almost every week. Although we always tried to avoid
trouble, somehow it seemed trouble followed us many times. As time
passed we started to get better to defend ourselves and usually got
ourselves out of trouble without any big issues. However, one day I was
in the way of a judo competitor at our local nightclub. This was my
first experience against grappling in a one on one combat and I lost
miserably. It made me realise how much I was not prepared for someone
changing the game and taking the fight to the ground. Suddenly the
success of my father’s Jitsu style made a lot of sense and I started to
look around for a martial art similar to his. At the time in Debrecen
there was not many options and I had a choice of a Judo class, Jiu-Jitsu
or Aikido. At this time our special forces of police learnt Aikido from
a local dojo’s sensei. This made me interested and I signed up for a
membership. We all heard about Steven Seagal and most of the time we
only considered his art something special but only on movies. When I had
my first class I learnt, what we saw in those movies are actually called
Aikido and the techniques are just as powerful as they look. The sensei
there taught in a traditional way. No explanation, pure demonstration
and we had to figure out what was going on. I got myself a much younger
and lighter boy. I was still arrogant and said I will look after him to
avoid hurting him. It turned out it wasn’t me to look after him but him
to make sure I don’t break my neck. I was very impressed how powerful
he was regardless of the weight difference of at least 30 kilos! I was
always looking for a martial art where as a means of self-defence one is
able to de-escalate situations instead of escalating it. I finally felt
I am home, I found the martial art I was looking for.
Later my journey took me to different places many relocations
memberships in several dojos until I reached a point where grading for
black belt was inevitable. I have learnt from amazing sensei’s and met
so many amazing people I didn’t realise how much time has gone since my
first Aikido experience. Along the years I realised martial art is just
like learning a language. Most Aikido practitioners speak the same
language but in a different accent which makes this amazing martial art
very colourful. For a while it confused me and I thought about this as a
problem to solve, but later I understood this is the beauty of martial
arts and the essence of a martial artist is not the precise execution of
techniques but adaptation.
Many asked me what it feels like to be a black belt since my grading.
For me; it feels exactly like being a white belt. I have a lot more to
learn and improve. After all these years of learning I finally
understand that black belt was never a target to achieve, but a door to
open which leads to a new journey to learn, develop and motivate others
to never give up.
合気道について思うこと        初段 ヤノシュ
ずっとずっと昔から武道に魅力を感じていました。始まりはブルースリーでした。
彼の素晴らしい動きを見て、何とかして武道について知りたいと思いました。子
供のころ私は身体が弱く、よくいじめられていました。私は父の事を世界で一番
強い男だと思っていました。父は昔柔術をしていて、警察官として大変活躍して
いました。私が父の職場を訪れたときには、父の同僚が信じられないような話を
話してくれたものでした。私は父の事をとても誇りに思っていましたが、同時に
自分の事をもっと弱く感じたものでした。私が8歳のときにカンフーを習い始め
ましたが、合宿での審査で落とされてしまい、長くは続きませんでした。長い間
私はこのことでひどくがっかりし、父を失望させたと感じていました。その後10
代の頃は、もっとトラブルに巻き込まれることが多くなりました。私はガレージ
でタイボクシングをやっている友達のグループに入りました。私はあまり上手で
はありませんでしたが、どんな武道であっても学びのゴールはただきれいなだけ
の見せかけの演武ではない。生き残ることなんだ。ということが徐々にわかって
きました。高校卒業後はほとんど毎週クラブに遊びに行っていました。いつもで
きるだけトラブルを避けるようにしていましたが、なぜかトラブルがついてまわ
るようでした。時が経ち、私たちはだんだん自分の身を守ることができるように
なり、大事には至らずにトラブルから抜け出すことができるようになってきまし
た。しかしながら、ある日地元のナイトクラブである柔道家にぶつかってしまい
ました。これが私にとって初めての一対一の格闘だったんですが、みじめに負け
てしまいました。このことで私が押さえ技に対して全く準備していなかったこと、
この押さえ技が流れを変えたことを理解したのでした。この時父がしていた柔術
の素晴らしい動きが腑に落ち、私は柔術に似た武道を探し始めました。そのころ
のデブレセンの街には、柔道、柔術、それか合気道の選択肢しかありませんでし
た。ちょうどそのころ警察の特別機動隊は、地元の道場の先生から合気道を学ん
でいました。私は興味を持ち、その道場に入会しました。私たちは皆スティーブ
ン・セガールのことを聞いたことがありますよね。彼の武道は何か特別だけど、
それは映画の中だけのことと思っていました。私が受けた初めての稽古で、映画
で観たあの動きは合気道で、その技はとてもパワフルだということがわかりまし
た。その先生は伝統的なやり方で指導されました。説明がなく、見せるだけで、
私たちはそこで何が起こっているのかを理解しなければなりませんでした。私は
若くて軽い少年と稽古しました。私は傲慢にも、彼に怪我をさせないようにして
やらなきゃ、と言っていました。でも実際には彼の面倒をみるどころか、彼に自
分の首が折られないようにするのに必死でした。私は自分との体重差が少なくと
も30キロはある彼のパワフルさにとても感心しました。私はいつも状況を悪化さ
せるよりも収めることができる、自己防衛の武道を求めています。こうしてつい
に私はずっと探していた武道を見つけることができ、家に帰ったような居心地の
いいい気持ちになりました。後に私の旅は違う場所、多くの引っ越し、いくつか
の道場を経て、ついに黒帯の審査を受けることができるところに達しました。私
は最初の合気道の稽古以来どれだけの時間が経ったのかわかりませんでしたが、
多くの素晴らしい先生方から学び、多くの素晴らしい人々に出会いました。何年
か経つうちに、私は武道は言葉を学ぶようだと思うようになりました。ほとんど
の合気道家は同じ言葉を話しますが、それぞれが持つアクセントの違いがこの素
晴らしい武道をとてもカラフルなものにしています。(訳注;それぞれの合気道
家によって様々なスタイルがある、という意。)しばらくの間これらの違いは、
私を混乱させました。しかし今では(それぞれの状況や受けに)適合させていけ
る技の本質こそがこの武道の美しさであると理解しています。        
                                    
        審査以来、多くの人が私に黒帯をもらった気持ちはどう?と聞
いてきました。そうですね、私の気持ちは白帯の時と全く変わっていません。私
には上達していくためにもっともっと学ぶこととがあります。長い間かかって私
はついに黒帯というのは決して最終目標ではない、ということを理解しました。
でもこれが上達とやる気を持って学び続けていくための、新しい旅の始まりを開
けるドアになることでしょう。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.