せいぶ館UK

    Ni dan Mark Langdon-Jones
One look on the most popular video media of today and you are faced with
the unending number of posts questioning whether or not aikido will work
in the real world. Numerous video demonstrations follow, but they are –
demonstrations, some staged, some genuine, but demonstrations all the
same.
So does it work, will it work.
It is after all a Martial Art and, with that, the teaching of an ability
to defend oneself from attack, to unbalance, to disarm an assailant and
then hopefully escape unharmed in a real life situation. So why
therefore do we still have shomenuchi, yokomenuchi, morotodori, attacks
that were developed at the beginning of the art that were relevant to
the day when attack by sword might have occurred. It is unlikely (and I
speak from experience) in this day and age that one would encounter that
sort of attack in a real life scenario. So are they still relevant
today?
Should we therefore be more oriented towards a more realistic attack,
jodan tsuki and tanto dori for example or head butt charge, swinging
punch.
Should the teaching of disarming be disablement? After all, most
assailants don’t stop after one attack.
One could say it depends on what the individual perceives as “working”.
Why do people do aikido? What do they want from it, what can it give
them?
To some it gives a confidence to defend themselves, To others the real
ability to develop as an individual, to focus. Others exercise and
camaraderie.
One can also ask… what can they give back to aikido?
I have my own opinions on All of the above questions, it is for others
to answer theirs.
弐段  マーク
今日の一番人気のビデオを見てみると、合気道が現実の世界で実際に通用するの
かどうかを疑問視する投稿が絶えないことに直面する。しかしそれらはただのデ
モンストレーションだ。いくつかは舞台の上での、いくつかは本物の、でもデモ
ンストレーションは皆同じだ。
それでは合気道は通用するのか、それとも通用しないのか。
結局それは武道だ。だから相手のバランスを崩し、武器を取り上げ、できれば現
実の状況で攻撃から怪我なく逃れることができるように、攻撃から身を守る能力
を教える。それではなぜいまだに、昔、刀での戦いから発生したであろう正面打
ち、横面打ち、諸手取りをやっているのだろうか。自分の経験からして、今の時
代、現実ではこのように攻撃することはない。それではなぜ今もそれらの稽古を
しているだろうか。               私たちはもっと現実味を帯
びた攻撃、例えば上段突きや短刀取り、それか頭突きや振りかぶったパンチとか
に変えていくべきではないのか。                   攻撃
してきた相手から武器を取り上げ、相手をボコボコにする方法を教えるべきなの
ではないのか。だってほとんどの場合、攻撃してくる相手は、一回の攻撃の後、
やめることはないのだから。
誰かは個人それぞれが感じる「効いている」感覚によるんじゃないか、と言う。
なぜ人々は合気道をするのか?人々は合気道に何を求めているのか?そして合気
道は人々に何を与えることができるのか?ある人は、合気道は身を守るための自
信をつけることができる、と言う。ある人は、個人の能力の発達や集中力を高め
るためだ、と言う。また、ある人は、運動と仲間意識だ、と言う。
またこうも尋ねることができる。彼らは合気道に何を返していくことができるの
か。
私には上の質問に対してすべて自分の意見を持っている。皆さんはどう思うでし
ょうか。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.