せいぶかんUK  エッセイ

     5 kyu Andrew
I’ve been training in various martial arts since I was a teenager but
as I get older I find I’m more keen to focus on the aspects of
sensitivity, taking of balance and timing rather than aggression,
strength and fitness. Many years ago I was lucky enough to find a style
and club that suited the way I wanted to train and I still enjoy
improving myself in that style. However, more recently I have begun to
worry that there are a number of situations where it is simply not
appropriate to cause injury to an aggressor and my current style did not
really have a way to deal with that.

I looked around for a second martial art to supplement the first and
came across Aikido. I count myself very lucky to have found Brian at
Seibukan Milton Keynes as the club is filled with thoroughly nice people
and the approach to Aikido matches exactly what I was hoping to find.
Having only just started, it will take me many more years just to build
a basic level of competence on my Aikido journey but I can already see
areas where it complements my other style very well.

I have found my first year of Aikido training very frustrating at times
when I have struggled to understand the basic principles of some of the
techniques. Preparing more recently for this first grading has been an
enormous help as I have started to realise how the seemingly different
techniques all have the same common roots. At the same time, I find
myself fascinated by the many different ways to approach any given
technique, depending on the situation and body placement. I can see how
I could be twenty years down the road and still be seeing something new
in the way a fellow student approaches their practice.

Lastly, I am grateful that I get to look forward to training each Monday.
Having been a part of many clubs over the years, I know how important it
is that you not only want to practice the art but that you also want to
spend time with the people. We really do have something quite special
here and I’m very glad to be a part of it.
Thanks
5級     アンドリュー
私は10代の頃からいくつかの武道をやってきましたが、年を取るにつれて、攻撃、
力や体力よりももっと繊細な部分、例えばバランスを失わせたり、タイミングな
どを重視したくなりました。何年か前に私は幸運にも自分がやりたかった稽古方
法に合う クラブに出会い、今でもそこで楽しく稽古を重ねています。しかし最
近になって私は、攻撃してくる相手から怪我をさせられるような状況が世間には
多くあり、今自分がやっているスタイルでは、そういうときに対応する方法がな
いことが心配になり始めました。
私は今やっていることを補うことができる別の武道を探し始め、合気道を見つけ
ました。私は いい稽古仲間たちと、自分が合気道で学びたかったことにぴった
り合う、ミルトンキーンズのせいぶ館、ブライアンに出会うことができたことを
大変幸運に思います。まだ始めたばかりで、基本能力を身に着けるだけで何年も
かかるであろう私の合気道の旅ですが、すでに私には 私がやっている他のスタ
イルにはない部分を十分に補足してくれていることが見えます。
合気道を始めて最初の年である稽古の中では、いくつかの技の基本の大切なと
ころをなかなか理解することができず、とても苦しむことがありました。最近初
めての審査を受けるための稽古の中で、全然違うように見える技が、実はすべて
根っこの部分で同じということに気づき始め、それが大きな手助けとなりました。
同時にどんな技でも、状況や身体の置く位置によって多くの違うやり方があると
いうことに、とても魅力を感じました。20年以上も合気道をやってきている人が、
稽古の中でいまだに新しい何かを見つけられることが、よくわかります。
最後になりましたが、私は毎週月曜日に稽古に来ることをとても楽しみにしてい
ます。何年にもわたって多くのクラブに所属してきましたが、稽古をすることだ
けではなく、人々の仲間に入ることが大切だと思っています。ここにはとても特
別な何かがあり、私はその仲間入りができたことをとてもうれしく思います。あ
りがとうございました。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.