せいぶ館UK  ブライアン・べートマン

  Seibukan UK Bryan Bateman
The visit by Nakao Sensei and Akiko san this year was fantastic. A
little shorter than usual, but we still managed to enjoy a lot of good
keiko together. The gradings this year were all of a high standard. I
was very pleased, and proud to witness our demonstrations for Nakao
Sensei. I have been reading and enjoying the essays submitted by
Seibukan UK students following the grading tests this year, so I thought
I’d muse a bit too.

I have been practicing Aikido for 24 years now. Prior to Aikido, I did
have a brief look at other martial arts. I did judo as a young boy for
about a year, and I practiced Kyokushin karate for about 2 years in my
mid-teens. I wasn’t particularly proficient in either and gave them up
quite quickly. It wasn’t until some years later as I was approaching my
thirties that I found Aikido, and quite by chance. Having never heard of
it before, a combination of a book, a film and a random demonstration
all colliding in the space of a couple of days suddenly brought it to my
attention. I went with a friend to watch the demo, decided to give it a
try on the night, and for some reason it has just stuck with me ever
since, or perhaps I have just stuck with it. This has always been a bit
of a surprise to me as I always quit everything I ever did as a kid. My
parents were always on at me because I’d started something new a month
before, joined a new club or some such, and was now giving up on it…..
again. The fact that I am still doing Aikido after so long is still a
wonder to me too. I won’t deny that there were/ are times that I think/
thought of quitting, that’s human nature, or maybe just my nature, I
don’t know? However, as the years go by, I find the path of Aikido
becomes wider and longer, and now that I am already stumbling along it,
the end seems so much further away. I am very fortunate to have found
some very kind and generous guides to help me along the path, their
inspiration and integrity helps pick me up every time I fall and
struggle, always seemingly at the right moment. I’m quite sure that
without them, I would have gotten lost many years ago, stuck behind a
rock on a narrow dusty track in the middle of nowhere. I cannot begin to
thank Nakao Sensei and Akiko san enough for everything they have done
for both myself, and Seibukan UK. Their time, patience and wisdom are
priceless, and only serve to inspire me further.

せいぶ館UK    ブライアン
今年の中尾先生と明子さんのイギリス訪問は、素晴らしいものとなりました。い
つもより少し短かったけど、それでもたくさんの素晴らしい稽古の時間を持つこ
とができました。今年の審査は高水準のものでした。私は中尾先生の前で皆が行
った演武を見ながら、とても誇りに思いました。私はせいぶ館UKのメンバーから
送られてきた審査後のエッセイを楽しく読ませてもらい、自分も少し思うことを
書いてみます。                             
   私が合気道を始めてから24年になります。合気道を始める前には、他の武
道を少しだけかじっていました。小さいころ柔道を約1年、10代のころには極真
空手を2年ほど習いました。そのどちらとも一生懸命に取り組んだわけではなか
ったので、すぐに辞めてしまいました。30代に近づくころになり、私はようやく
偶然合気道に出会いました。それまで私は合気道について全く知らなかったので
すが、本と映画、それから誰かが行った演武、そのすべてが2〜3日の間に突然私
の興味を惹きつけました。私は友人と一緒に演武を見に行き、その夜に実際やっ
てみることにしました。それ以来なぜだか、というか、ただやり続けてきました。
このことにはいつも自分自身驚きます。なぜなら私はいつもすべての事をすぐに
辞めてしまう子供だったからです。私の両親はいつも一か月ごとに新しいクラブ
に入ったり、いろいろと始めてはすぐにまた辞めてしまう私に文句を言っていま
した。実際私自身、こんなに長い間、いまだ合気道を続けていることを不思議に
思います。私は人として自然のこととして、というか、ただ私の自然のこととし
てかはわかりませんが、もう合気道を辞めてしまおうと思った/思うこともあり
ます。しかしながら、年月が経つにつれて、合気道の道はもっと広く、長くなり、
私はその道を今もつまづきながら歩いていますが、ゴールはもっともっと遠い先
です。私がこの道を歩んでいくうえで、とても親切で寛大に導いてくれる人を見
つけたことをとても幸運なことだと思っています。彼らのインスピレーションと
誠実さは、私が転んだりつまづいたりしたときに、いつも完璧なタイミングで私
を手助けしてくれます。彼らがもしいなければ、私はもう何年も前に道に迷い、
どこにあるかわからないようなほこりをかぶった岩の陰で立ち止まっていたでし
ょう。中尾先生と明子さんには、私自身とせいぶ館UKにしていただいたすべての
事に、感謝してもしきれないほどです。先生方の時間、忍耐そして知恵は何事に
もかえようがなく、私ももっともっとがんばっていこうと思います。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.