関西研鑽会 あ

 700人の、稽古を、見学しました。 ちょっと、やりすぎがたたり、(年のせ
いかな、、)足が、思う様にならず、初めての、道主指導「見取り」稽古でした。
 
 芋の子を洗う状態で、粛々と、道主の示された技を、こなしていく、、。色ん
なスタイルは、あるにしてもだんだんと活気があふれ、汗一杯になっていく、、。
天窓が、次々開けられて、見ている私は、(身体が冷えて・・)ツライ!!
 
  やはり、トリとウケ交代で、やり取りし続ける、稽古だけと、いうのは素晴
らしい武道やなと、改めて、感じました。 今回は、20周年、1年先にしか稽古
は巡ってこないけど、又淡々と、あの芋の子の一人になり続けたいなと、思いま
した。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.