全日本合気道演武大会 sa

 今年のせいぶ館は若い人たちが多く参加して盛況でした。
 演武会、遠藤先生を囲んだパーティー、せいぶ館の人達との次会、
翌日の遠藤先生の稽古に参加し、とても楽しく充実した2日間でした。
 演武会はわずか1分半だけど、入場から退場まで、いつもにない
緊張感があり、一つ一つの動作に自然と気持ちが集中してくる。
1本1本の取り、受けに集中できる。普段の稽古からこうでなければ
ならない、と反省。
 遠藤先生のパーティーでは、遠藤先生のお話を聞けること、東京で
稽古していたころの仲間達と飲めることがとても楽しい。その後、せいぶ
館の調子良く飲んで来たであろう若い連中達と合流でき、楽しい時間を
過ごせた。初めて演武会を見た人達の感想を聞くのも新鮮だ。なるほど、
そう見えるんだ、そう感じるんだと。
 翌日の遠藤先生の稽古、最初に受けに呼ばれた。両手取りで。遠藤先生が
見本を見せ、その後私の両手を取る。遠藤先生の受けの柔らかい事!!
過去に何度か同じことを先生と行ったことはあるが、今回、あまりの柔らかさに
ビックリ!!常に進歩されていくことに、改めて敬服し、もっともっと修行せねばと
思いを強くした稽古であった。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.