Fw: RE: 栗林師範稽古会 nag

目から鱗 nag

 6月17、18日と栗林師範の講習会に参加しました。
 以前いた道場では、巡回指導で年一回、本部の師範の講習会があるのですが、
一般に説明は短めで、ひたすら動くという稽古が多かったように思います。それ
は、先生の説明を逐一中国語に訳さなければならないため、説明時間が倍かかっ
てしまうせいもあります。
 今回の講習会は、説明がけっこうあったにも関わらず、話に時間を取られたと
いう感じがしなかったのは、日本語のみだと速いというのもあるでしょうが、ど
れも内容が深く、考えさせられることが多かったからだと思います。目から鱗な
お話ばかりでした。ちなみに「目から鱗」は中国語では「恍然大悟」といいます
(もとは仏教用語で日本語にもなっています)。
 例えば、「動きが1センチ1ミリ違えば、全然違ったものになる」「この技には
この受身なんて決まっていない、自分を守るために体が動いて初めて受身にな
る」。一教の裏の受身にしても、どうするのが正しいのだろうかという疑問は漠
然とありましたが、それ以上考えてみたことはありませんでした。「ああ今のは
あの技だなと思って勝手に枠にはめて、動きをちゃんと見ていない」「その違い
がわからないのであれば有段者といえない」は刺さりました。
 とても刺激を受けた講習会でした。次回も楽しみにしています。
 

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.