審査を終えて


今回の審査では、尊敬するkuさんと、憎たらしいkoさんのお二人に受けをとってもらいました。多少強引な技もありましたが、綺麗に受けをとってくださりありがとうございました。

審査中、技をかけていて思ったのは、二人とも本当に受けが上手いです。今回2級に昇級したことで、級ではkoさんには追いつき、kuさんとも1つしか差がなくなりました。しかし、まだまだ実力の差は大きいと日々感じています。
私自身、どんどん上手くなってきていると実感はできていますが、大学の先輩やせいぶ館の方と稽古するたびに、自分はまだまだだと実感させられます。私が合気道に熱中できるのも、こうした方々がいるおかげです。上手い人に囲まれて稽古できるのは本当にありがたいです。
審査後の演武の動画で私の姿を先輩方と見比べると、足のバタバタが非常に目立ちました。その点を直して、落ち着いて技を出せるようになろうと思いました。
級はどんどん上がっていきますが、級に見合った実力があると、自信を持って言えるように、稽古に励んでいこうと思います。

yam「弓道と合気道」
 このたびはは3級に昇級させていただきありがとうございました。昨年12月に受けさせていただいた前回の審査はガチガチに緊張してしまったので、今回は落ち着いてリラックスして臨もうと思っていたのですが、初めてのせいぶ館での審査であることと、一組ずつ見ていただくということで、待っている間はやはり緊張してしまいました。私の前の4人が終わり、いざ自分の番が回ってきたとき、どうしようかと焦っていたのですが、ふと「緊張を感じないくらいに集中して技に取り組もう」という考えが頭をよぎりました。というのも私は中学高校6年間弓道をやっておりまして、公式戦の前はいつもガチガチに緊張していたのですが、いざ試合が始まると緊張を忘れるくらいに集中していたことを思い出したからです。弓道の試合は、単純に決められた本数中何本の矢を的に中てたかというスコアで競います。(競技の感覚でいうとゴルフやボウリングと同じような感じです)ですので、本番でどれだけ平常心を保てるか、精神面が大変ものをいう武道です。今回の審査は弓道をやっていた経験が活きた審査だなと思いました。審査が終わった後の講評では「気力が充実していて姿勢がよい」という点をお褒め頂きました。気力充実していたのは、きっと緊張をかき消すために普段よりも集中していたからではないかと考えております。そのせいか、普段の稽古のときよりもとても楽しく技に取り組むことができました。姿勢の方も長い間弓道で指導いただいていたので、いざ道着を着て稽古をしようとしたときはやはり背筋を伸ばす癖は抜けません。また、丹田を意識するという感覚も弓道で培っていたため、合気道を始めてから早い段階で丹田の重要さを再認識することができました。弓道と合気道、一見似ても似つかない武道ですが、姿勢、気力、丹田など根本的なところは同じ武道として通じるところがあるのだなということを感じました。一方で、まだまだ技が窮屈であることや受け身で体を打ち付けているというご指摘も頂いたので、次の審査に向けて改善していこうと思っております。今後ともよろしくお願い致します。

ab
今回三級の昇級審査に合格させていただくこととなり、大変嬉しく思っています。ありがとうございました。

せいぶ館に伺うのは今回が初めてで、そのような中で審査を受けるということは想像していたより緊張感のあるものでした。しかし、前回の合気道を始めてから1回目の昇級審査のときと比べると、変化したのではないかと思うところもあります。前回は型の名前と動きを覚えることに必死で、細部まで意識するのは難しかったことが非常に印象深く残っていますが、今回は基本的な動きなどはほとんど覚えられていたため、稽古や昇級練の中で先生や先輩方にご指摘いただいた所作、例えば姿勢や手足の動き、受けと取りとの間合いの取り方などといったことにも注意を向けるよう意識しました。昇級審査の本番では、先ほども述べたように緊張していたため、今できる最高の出来栄えというわけにはいきませんでしたが、これまでの稽古で身につけて来たことはできたのではないかと感じています。
三級となった身として、今後はより一層合気道を楽しみ、次の二級に向けて稽古に真面目に取り組んでいこうと思います。

oh
 昨年の12月に審査を受けてから半年が経って2回目の審査を受けた。昨年の審査の時は、かなり凹むほどダメ出しされた。全てがまるでなっていなかった。そこから半年経って、稽古もたくさんしたし、後輩もできた。自分が上手くなっているという実感は少しもなかったが、実感がなかったからこそ先輩方の真似をした。それはもう著作権侵害レベルに。そして、今回の審査に臨んだ。今回の審査を受けて、まだまだダメな部分も新たに発見できた。しかし一方で、良かった点も発見できた。これは前回と比べて、成長した部分であろう。
 これから先は、次の審査に向けて良い点はそのままに、悪い点は褒められるほどになるまで上手くなろうと思う。今の私には時間が有り余るほどにあるので、夏が終わってクズに成り下がらないよう充実した夏を過ごさねばならない。そのためにもより一層合気道の稽古に精進していきたい。

ma
今回は、約半年ぶり二回目の昇級審査でした。

この日はまず最初に一時間半ほど稽古をし、それから昇級審査や演武を行いました。稽古は中尾先生がしてくださり、普段とは少し異なった技も出来てとても楽しかったです。ただしこの稽古により、この日の私の体力は半分ほど減りました。
稽古の後に昇級審査が行われました。前回と同様に不安のため前日なかなか寝付けなかったりしましたが、無事に遅刻することなく集合できたのでよかったです。前回と違った点といえば会場が王子スポーツセンターからせいぶ館になった事であり、それによって緊張は数倍になり本番では今までにもらったアドバイスが頭から全て抜け落ちてしまいましたが、「審査の時に落ち着いていてよかった」というコメントを頂いたのできっと練習してきた通りに技が出来ていたのでしょう。私以外の皆さんの審査は、自分の順番が来るまでは技を確認しつつ、自分の順番の後は純粋に上手いなと思いながら見ていました。
昇級審査の後には演武が行われました。私は審査のことで頭がいっぱいだったため全く演武の事を考えていなかったのですが、なんとか一分間を終えることが出来ました。演武では様々な種類の技を一気に見られるのでとても楽しかったです。上回生やOBOGの方々の演武を見ていると迫力があるし美しいしで素晴らしかったです。

この日はとても濃くて充実した一日でした。学ぶことも多かったので、これからも練習を重ねて上達していきたいと思います。

ya
今回の審査は前の審査より落ち着いて技ができました。途中技飛びましたが、なんとか最後までできて一安心でした。

前の審査では中尾先生をがっかりさせてしまい悔しい思いをしましたが、今回は中尾先生もにこやかで褒めてくださる部分が増えてとても嬉しかったです。

今年は自炊を頑張る年にしようと決意し、今年も半分終わったところなのですが、まだ10回も自炊してないです。自炊どころかご飯を食べることも忘れているので今年の後半分はちゃんと食べようと思います。
あと、自炊の他にも柔軟を頑張ろうと誓ったのですが全く柔らかくなっていないです。このままだと恥ずかしいですし、動きづらいのでお風呂上がりにできるだけ柔軟しようと思います。
最近とても暑くて、稽古のたびに信じられないくらい汗をかきます。金曜のせいぶかんの稽古で一年分くらい汗をかくので、今年一年で一生分ぐらいかくつもりで、せいぶかんに通ってなんとか1級審査が3月に受けれるように頑張りたいなと思います。まずは、10月の2級審査ですね!頑張ります!

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.