Fw: エッセイ

アレックス  3級
After doing aikido for five years now I have really come to love and
understand the sport. Recently I have seen a massive improvement in my
own ability as I have committed myself mentally and physically. Learning
to use my power and core has really helped boost my confidence as I feel
I can complete the techniques correctly, which has therefore made me
enjoy it more.
Whenever I come to training sessions I quickly am distracted from
problems or emotions and I settle into having fun. Training with all of
the different members is what makes our club feel like a community.
Aikido is my main cardio activity having to constantly jumping up and
being thrown around like a rag doll!
This years grading taught me a lot, I felt that the upcoming sessions
and mini grading activities really made me nervous where I was
constantly shaking! However throughout the lessons I grew more confident
with my moves and tried to forget that everyone was watching me…I felt
my grading went well and I am proud of what I achieved. As I know there
is always room to improve, especially on my nikyo and sankyo.
For Hayley’s first kyu grading I was called up to be her uke and loved
it! I was thrown around a lot but it was really enjoyable to be on the
other side of the gradings and to help support her in getting her next
stage. Although after doing my grading ukemi with this I was very tired.
However it has really inspired me to continue and hopefully achieve
first dan someday.
I am currently in my final year of A-levels and this year is hugely
important to my future career. I would love to carry on doing aikido at
university and will try my best to find a Seibukan club. For now I will
come to training to develop more skills and to relax from studying.
After my exams next year I plan to come to Japan next summer to
celebrate the 60th Anniversary! I have never been to Japan before, and
with my love for Japanese food, I am really looking forward to it. I’m
sure I will have lots of new things to try as well as training in the
humidity.

Thank you for a wonderful few days this year for coming to train with
myself and the rest of the club, I really appreciate it and hope to see
you next year.
Alex Langdon-Jones

合気道を始めて5年が経ち、私は本当にこのスポーツが好きで、理解してきたと
思います。最近精神的、そして身体的に合気道に打ち込むようになり、自分自身
でも大きく上達していることを感じています。自分の力と中心を使うことを学ぶ
のは、技を正しく行えていると感じ、自分自身に自信をつけさせてくれます。そ
してもっと楽しくなるのです。
稽古に来るといつも、すぐに問題や感情から切り離され、楽しんでいることに入
り込みます。いろんな違った人たちと稽古をすることで、このせいぶ館を一つの
コミュニティーのように感じます。合気道は私の主な運動となっていて、常に飛
び上がったり、ぬいぐるみのように投げられたりします。
今年の審査からは多くを学びました。審査に向けての稽古をしているときはもの
すごく緊張して、いつも震えていました。しかし、稽古を続けるうちに、自分の
動きに自信がつき、皆が見ていることを忘れるようにしました。審査当日は上手
くできたと思います。そして合格したことを誇りに思います。しかしながら、ま
だまだ上達することができるとわかっています。特に二教と三教は。
ヘイリーの一級への審査の時、私は受けとして呼ばれ、本当にうれしかったです。
たくさん投げられましたが、審査の受けはとても楽しく、また、ヘイリーが次の
ステージに上がるお手伝いができました。でも自分の審査の30回受け身の後だっ
たので、とても疲れました。しかしながらこの経験から、これからも稽古を続け
て、いつの日か初段になれるようにがんばろうと自分自身を奮い立たせました。
私は現在Aレベルの最終学年で、今年は自分の将来にとても重要な一年となりま
す。大学に行っても合気道を続けていきたいので、合気道のクラブを見つけるよ
う努力します。今のところは、勉強の息抜きと、もっと上手になるために稽古を
続けていきたいと思っています。
来年の試験後、せいぶ館の60周年に参加しに、日本に行く予定でいます。今まで
日本に行ったことがないのですが、日本食が大好きなので、とても楽しみにして
います。きっと日本では湿気の中で稽古するように、多くの新しいことを経験す
るだろうと思っています。
今年も私自身とクラブみんなのためにイギリスに来てくださり、素晴らしい数日
間の稽古をありがとうございました。心から感謝しています。そしてまた来年も
よろしくお願いします。

ヘイリー  1級
“it’s not about you”

Something that I have learned this year and has really stuck with me is
that Aikido isn’t about you. The idea is that in order to practice
aikido well, you need to drop your “ego” and stop thinking about the
technique as something you are going to do to the uke. Instead, you
should be working with what the uke gives to you even if this might
change the technique you had in mind to do in the first place.

I really like this way of looking at training.

For me, when I come to aikido, as soon as I step on the tatami I try
leave behind my daily issues, aches and pains and negative thoughts
(this doesn’t always happen I have to say, but I try). I usually find
that once I get into the flow of a technique, everything else just melts
away and by the end of keiko, I can think about whatever was bothering
earlier more rationally.

This is why I like the idea of aikido not being about you as tori or uke,
but about working with each other’s movements and making something
happen naturally. Sometimes you can get some very interesting results!

Since my last grading, I have tried to focus more on enjoying training
for the sake of training, with no goal in mind and no preconception of
how a technique should be, it’s actually very relaxing! Hopefully, this
show in a positive way in my training. I feel a little improvement in my
techniques and movement since I have changed my focus.

Hayley

今年私が学び、ずっと感じていたことは、合気道はあなた個人のことではない、
ということです。これは合気道の稽古をするときに、自我をなくし、受けに対し
てかけようとしている技について考えることを止めるということです。 頭で考
える代わりに、たとえそれが最初にやろうと考えていた技と違うものになったと
しても、受けからの働きかけに応じるべきだと思います。
私はこのような見方の稽古が本当に好きです。
私は、合気道の稽古に来た時、畳の上には日常の問題、こわばりや痛み、そして
ネガティブな考えを持ち込まないようにしています。(これはいつもうまくいく
とは言えませんが、少なくともそうしようとしています。)いつも一旦稽古に入
り込むと、稽古が終わるころには、すべてのことが溶けて無くなっています。そ
してさっきまで心にひっかかっていたことが、もっと合理的に考えられるように
なっています。
このような理由で、取りとか受けということに縛られず、お互いの動きから自然
に何かが生まれる、という合気道の考えが好きです。ときにはそれによってとて
も興味深い結果が生まれることもあります。
前回の審査以来、稽古を楽しむということに焦点を当てるようにしてきました。
技がこんな風に効くべきだ、こうあるべきだ、と頭で考えないようにしていて、
これは実際とてもリラックスできます。こういった考えが私の稽古の中で前向き
な姿勢として示せているといいなぁ、と思います。こんな風に稽古への焦点を変
えて以来、技や動きが少し上達したんじゃないかと感じています。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.