合宿 yos

「稽古の姿勢」yos

本日は、鈴木先生の稽古に参加させて頂き、非常に充実した時間を過ごす事がで
きました。
正面打ち一教では、受けの方は指先で相手の中心線を攻める事や、鈴木先生が
直々に受けを行い、身体全身で受けを行う見本を見せて頂いたお蔭で、受けを行
う上で大切な事を理解する事ができました。又、鈴木先生の受けを取らせて頂い
た際、鈴木先生の技には芯があり、力強いにも関わらず腕にはチカラが入ってお
らず、身体全身で技を行っている事を感じました。更に、鈴木先生の自ら受けを
取りに行く姿勢や、技を行っている最中も相手を気遣う優しさ、誰にでも誠実に
接する姿勢など、鈴木先生の稽古の姿勢を学ぶ事ができました。このような相手
を尊重し、自分から学びに行く稽古の姿勢を継続して行く事で、鈴木先生のよう
に柔らかく、芯のある技ができるようになるのではないか、と感じました。その
為、これからは稽古以外の私生活でも、相手を尊重し、自分から学ぶ意識を大切
にし、技と共に心身を磨くようにしていきます。

「不安を自信に変える受け身の取り方」asa

本日の鈴木指導員稽古では、受け身を行う際の身体の使い方や相手を捌く際の注
意点を沢山学ぶ事が出来ました。そして、普段何気なく行っていた技が、腕の力
を使い、技を行ってしまっている事を認識する事ができました。今回、鈴木指導
員の受けに呼ばれた際、自分で本当に大丈夫なのか、という不安な気持ちになっ
ていました。その時の事を振り返り、僕が感じた事は、普段から指導者の受けを
あまり取った事がなく、指導者の受けに慣れていない事も不安になった原因であ
ると思いました。しかし、その不安の大部分は、自分の受け身に自信がない事で
した。そして、今回学ぶ事ができた受けを実戦してみると、普段よりも滞りなく
受けを行う事ができました。その為、これからは受け身にも重点をおき、稽古を
行う様に致します。又、体幹等の筋力が未だに足りていないと感じました。その
為、少しでも鈴木指導員に近付く事ができるように、今回得た貴重な経験を少し
でも自分の物にできる様に今後の稽古に取り組みます。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.