合宿感想文nago

足りないもの ishi

本年も2日間合宿に参加させていただきありがとうございます。今年の4月に名古屋へ転勤になってからも、日々の稽古や合宿などのイベントに快く迎えて入れて下さるせいぶ館の皆様にはどれだけ感謝してもしきれません。
名古屋に転勤になってからこの半年間、仕事に追われて稽古は月に1回できるかできないかまで遠ざかってしまいました。そんな限られた稽古日数で自身の心・技の向上をさせるにはどうしたら良いかずっと考えていました。しかし今回の鈴木先生の稽古で「相手をよく見ること」「体全体で受けること」の大切さを肌で感じたとき、相手を尊重し、決して独りよがりな技や受身を行わないことが一番大切であり、それが私にとって圧倒的に不足しているものだと痛感しました。まだ中々曜日を決めてコンスタントに稽古をすることが出来ませんが、今回の合宿で学んだ姿勢を大切にして数少ない稽古を身になるようにしていきたいと思います。
最後になりますが、名古屋から5名という大人数を受け入れて下さった中尾先生、合宿幹事のNさんMさん、本当にありがとうございます。今後も時間の許す限り稽古に参加させていただければと思っておりますので、何卒宜しくお願い致します。

合宿感想文 mura

先日は合宿に参加させていただき、ありがとうございました。
せいぶ館の皆様と一緒に稽古させていただくのはこれで4回目となりましたが、参加するたびに多くの驚きと新しい発見を得ています。
今回私が受けを取らせていただく中で特に感じたのは、受けの動きが止まらないように取りが動き続けることが大切だということでした。
動きが止まらないうちは反撃できず、その状態のまま地面に伏せられてしまうから最後まで反撃できない。
まさに、触れた瞬間に勝負が決まっていると感じました。
なるほどと思い、さっそく試してみたのですが、なんとか相手を伏せようという気持ちからどうしても力が入ってしまい、上手くいきませんでした。
みなさんがこれを難なくできるのは、やはり普段からの稽古の賜物なのだろうと思うと同時に、私も少しずつ近づけていけたらという気持ちを強くしました。
稽古以外でも、せいぶ館の皆様や鈴木先生と一緒に食事をしお酒を飲み語り合うことができたことは、稽古の思い出に並ぶほど楽しかったです。
名古屋から神戸へとなると、なかなか頻繁に行くことはできませんが、もしまたお邪魔させていただけるようであれば、是非稽古させていただきたいと思います。
繰り返しになりますが、合宿に参加させていただきありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしております。

合宿感想文 misa

先日は、名古屋より合宿に参加させていただき、ありがとうございました。
稽古をさせていただく度に、自分の未熟さを痛感するとともに、大先輩方の技に触れることで、合気道の奥深さと、何よりも楽しさを実感しております。
今回の合宿では、鈴木先生の受け身に対する姿勢のお話、動きが、非常に印象に残っています。相手に対する体の使い方を学ぶと共に、普段ついていくことに必死になってしまう受け身ですが、そこに中心に向かっていこうとする心のつながりがあるかということを、もっと意識して稽古しなければと感じました。
また、私にとって稽古ももちろん大切な学びの場ですが、せいぶ館の方々とお酒を交わし、お料理をいただく時間も、稽古に負けないほど素敵な時間であるという思いが、今回の合宿を通してより強くなりました。人生の先輩方と、真面目な話からくだらない話まで、様々な話をする中で、自分の中でプラスのエネルギーになるものをたくさんいただきました。私にとってあの2日間は、キラキラした充実した時間以外の何物でもありません。
中尾先生、鈴木先生をはじめ、せいぶ館の皆様、本当にありがとうございました。

せいぶ館合宿に参加して yosh

はじめに、ビジターとしてせいぶ館の稽古に参加することを快く受け入れてくださり、誠に ありがとうございます。合宿に参加している道場生の方やビジターの方々の暖かい人柄のおかげで、初めての参加ではありましたがとても馴染みやすく、思う存分稽古に参加することが出来ました。
私は、このせいぶ館合宿において今までに経験したことのないたくさんのことを経験し、学びました。その中でも、鈴木先生の受け身を取らせていただいたことが強く印象に残ってい ます。鈴木先生は、私たちビジターにも受け身をさせていただく機会をたくさん与えてくださり、とても謙虚に私たちとともに稽古されていました。私は、鈴木先生の技はもちろんのこと、そういった人間性に対しても大いに尊敬の念を抱きました。
せいぶ館の合宿で出会った方々との稽古は、私の合気道人生においてかけがえのないものであり、またそのような機会があれば幸いであると思っておりますので、これからも何卒よろしくお願いいたします。

稽古会感想 masa

今回の稽古会では、多くのことを経験させていただきました。というのも、私は普段大学の部活動で稽古活動を行っており、自身が所属する部活以外の方々と稽古すること自体が初めてでした。そういった普段とは違う稽古の経験は、私に新鮮な風を吹かせてくれたと同時に、自身が今までやってきた稽古や技の形を浮き彫りにさせてくれました。
最初の稽古で、参加しているみなさんがとても合気道が好きであるのだということを強く感じました。みなが合気道が好きでこの場にいて、楽しそうに稽古に励んでいる様は、非常に印象的でした。私自身、どの方と組んでも精力的に稽古ができたために、非常に楽しかったです。また、普段の稽古とは違い、広い年代の方々と稽古ができたことも貴重な経験であったと感じています。激しい動きをする方もいれば、そうでない方もおり、そういった人たちに合わせて受け身することで、より「相手に合わせる」ということを意識することができました。
4年生ということもあり、私も来年は社会人となっています。それに際し、社会人となったときにも合気道を続けるのか、とよく考えるようになりました。今回出会ったほとんどの方は社会人の方であり、本当に好きだから合気道を続けられているのだろうと感じました。そのような方々と一緒に稽古したことで、私の中の迷いも少し晴れ、将来も続けることができたら幸いであると思うようになりました。
就職先の企業は全国に支社があるので、もしかしたらまたどこかでお会いできるかもしれません。そのときはまた一緒に稽古しましょう。ありがとうございました。
 

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.