Fw: 作文: 関西研鑽会kim

今年は道主が関西に来られる最後の研鑽会ということもあり、参加させていただきました。
前半は若先生指導で、座技の一教の受けを取らせていただきました。
道主と同様キレのある合気道で、「基本」だけでどうやったらこんな風に技が決まるのかと思いました。
後半は道主指導で、足捌きや軸を重視する指導も含め「愉快な稽古をしよう。」という言葉が印象に残りました。
本部にて道主の稽古に参加したことはありますが、本部と関西とでは道主の雰囲気が違いました。
本部では、演武大会の直前だからなのか、少しピリッとされ、あまり投げていただけないのですが、
ひびきでは「もうおしまい‼」と仰りながらも多くの方々をにこやかに投げてられてました。
個人的な邪推ですが、時と場所によって稽古に挑む気持ちを変えてられているかもしれません。
(本部での稽古も参加者が多く、ひしめき合っての稽古でした。)
稽古の後は、姫路の方々と食事をさせていただき、楽しい時間を過ごすことができました。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.