Fw: 指導者講習会感想文 nag

合気道指導者講習会に参加して

 今回の兵庫県(姫路市)地域社会合気道指導者講習会では、頭部外傷について

の講義がありました。柔道等で頭部外傷による死亡又は重篤な障害(寝たきり

等)が毎年のように発生していることから、合気道を含む武道の指導の際に注意

すべきことを教えていただきましたので、自分の復習も兼ねてここに書いておき

ます。

 まず、頭部に衝撃を受けた場合、意識消失があれば、数秒~数分で意識が回復

したとしても、必ず救急搬送します。意識消失がない場合は、脳震盪チェックを

行います。自覚症状(頭痛・頭部圧迫感・頸部痛・けいれん・吐き気・めまい・

ふらつき・疲労・混乱・眠い・感情的・ぼんやりする等)があるか、短期記憶

(その日に起きた出来事等)の質問に答えられない場合、脳震盪の疑いがあるた

め、稽古は中止し、病院(脳外科外来)を受診します。特に高校生以下は必ず受

診すること、また、受傷直後に症状がなくても、しばらくしてから悪化すること

があるため、脳震盪後の運転はしないこと、誰かが一緒にいるようにすることが

必要です。

 脳震盪以外のキーワードとして、加速損傷とセカンドインパクトシンドローム

という言葉を教わりました。

加速損傷:頭をぶつけなくても、顔面打撲や激しい揺さぶり等で脳障害が生じ

ると考えられています。夏の水分不足や、疲労の蓄積によりリスクが上がる可能

性があります。

セカンドインパクトシンドローム:一度目の脳震盪の後、二度目の脳震盪があ

ると、急激に重症化することをいいます。従って、スポーツにおいては脳震盪の

予防が非常に重要です。

 あとは、初心者の後受身の指導の際に、「アゴを引く」よう声掛けをすると、

頭部保護に有効であるということでした。

 実技の方では、なんと本部の師範と「組んで」稽古させていただくという信じ

がたい幸運に見舞われ(2日間で3回も!)、もうそれだけで、非常に貴重な体験

となった講習会でした。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.