全日本 sin

第56回全日本合気道演武大会を終えて

 全日本合気道演武大会の参加は、初参加の昨年に引き続き、2回目になります。
 昨年の分も含めて、少しだけ感想を書かせていただきます。

 初参加の前にはいろいろな感想をお聞きしていました。
 「1回は行っておくべき」 「まあ、どちらでもいいんじゃないかな」
 「いろいろな合気道があるわ」 「師範だけでも見る価値があるよ」 等々
 実際に行ってみて・・・、
 ここに集うのは、ほんの一部の人たちだけれど、こんなに合気道の稽古をしている
(好きな?)人がいるということに感動をしました。
 一体感があって、楽しくて、参加もできて、とてもいいイベントだと思います。
  
 見ていて印象に残ったのは、本部師範や指導員の方々の演武です。
 ベテラン勢は個性的な師範が多く、若手の師範、指導員の方々はとても統一感があ
るような気がしました。
 これは、将来の合気道界が進むべき道を示してくれているように思います。
 そして、師範の静かで美しく自然な動きには魅了されます。そして、そこに流れる
空気がとても心地よかったです。

 翌日の講習会でも、道友といい稽古をさせていただき、とても充実した2日間でし
た。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.