兵庫武道祭

 今回はいつもとは趣が違って、ロシア武道団がメインです。ロシアの武道とい

えばサンボぐらいしか知りませんが、他の武道も紹介されるというので、楽しみ

に姫路に向いました。

 サンボ、ナショナルチーム、準備体操の段階で度肝を抜かれました。でっかい

連中10人位が夫々「その場バク宙」や「その場バク転」をします。柔道と同じよ

うな動きが多いのですが、力強さの中、軽快に軽やかに技が決まっています。受

け身の上手なこと!

 棒を引きあうマス・レスリング、単純で分り易く、体力増強にはもってこ

い・・。

 コサック地方の武道も興味津々、鞭をしなやかに使い、太刀を軽やかに振り回

し、音楽に合わせ、楽し気に倒していきます。

 どの競技もレスリングや相撲に似ているし、出ている人達はモンゴル系の人達

も多く、ロシアが多民族国家だという事も知らされました。太鼓や銅鑼を打ち鳴

らし、民俗学的な興味もそそられる日でした。

 体験教室、老いも若きも熱心に積極的に挑戦し、日本人、こんなに積極的な民

族やったかいなぁ‥と思うほど、和気藹々の国際交流風景が会場に広がっていま

した。

 ホテルに会場を移してお別れパーティでも、出身地の歌を書かせてくれました。

ロシア語の乾杯を復唱し、圧巻は笛? の演奏でした。親指ほどの大きさのもの

を口にくわえ、大草原の動物達の動きを表現している? 馬が闊歩し、大鷲が空

を飛翔し、オオカミが獲物を襲う・・。空の、大平原の大きさを想像させられま

した。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です