昇級・昇段審査

どういう訳か? 一番活気のある日が審査日です。8時過ぎから多くの人が道 場に集まってきます。稽古が始まると一人1畳はない空間でやり取りが始まりま す。人いきれであっという間に汗が滴り落ち笑顔満開、窓も真っ白。    5級審査から始まり、級審査の後は少年部です。今回も20人ほどの子供達が膝 行・回転膝行&前受け身・・と審査課題をこなしていきます。審査中、思わずニ ヤリとさせられる事や、見学している子からの歓声が飛び交い和気藹々。    初段、4人の女性が挑みます。参段は、弐段を受けてから20数年ぶりのベテラ ン、も緊張しながらもふわふわやってます‥。二人の実力者が四段受け。ま ぁ・・このクラスになるとミモノです‥!    審査後、結果発表まで、恒例の演武会。持ち時間は1分。〆は道場長82歳&F七 段74歳、足して150歳以上コンビ、での審査の反省を込めての「模範演武」。    この春大学を卒業する人達の祝いを兼ねての食事。そば焼き・うどん焼き・寿 司・野菜ヒネ鳥豚足煮込み・サバ&アジのきずし・・の料理に、福島と灘の酒で 幸福口福。セルビアの香しき酒も・・。

10級 古原 岡 丁 九後 大野 成見 九後
9級 竹内 岩松
8級 岩野 内田
7級 松本 愛以
6級 松本
5級 小玉 宮本 鈴木
4級 王 河村 大塚
3級 岩松
2級 山中
1級 サム 寶月 濱本
初段 柴田 山田 禱 木村
弐段 アンドリュー
参段 久松
四段 新阜 イヴァン










This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です