Fw: 審査後のエッセイ せいぶ館UK

First of all I would like to thank Nakao sensei and Akiko San for travelling all the way over to the UK again I have really enjoyed our Keiko and seminar together.
I was very disappointed with my performance in my grading and can not make any excuses as to why I just went blank at times. “Sorry Dave for smashing you in the Jaw”. When I relax I always enjoy my Aikido but this is something I can not seem to do in a grading, I can only look forward and work harder to overcome this fear I have when I grade and even try to enjoy it. All I can do is push forward and keep going as I really enjoy training at this club, I have met so many lovely people here and in Kobe.
I would like to thank Bryan Sensei, Ako and Peter for all their hard work and dedication to the club and students, I would also like to thank Tony for his advice and guidance when I have been low and struggling recently.
I look forward to another year traning with a great bunch of teachers and students who never fail to make me enjoy this club more and more, see you in Japan next year!
David Davies
まず初めに、今年も遠いイギリスまで足を運んでくださった中尾先生と明子さん に感謝します。先生方との稽古やセミナーは本当に楽しかったです。 審査での私の演武には、本当にがっかりしました。なぜ自分はこんな風に真っ白 になって固まってしまうのかわかりません。受けをとってくれたデイブに、「あ ごをぶっ叩いてしまってごめんよ。」と言うのみです。 普段の稽古のときは合気道はいつも楽しいのに、審査の中ではそれが全くできま せん。私にできることは、審査の恐怖を乗り越えられるように、そしていつかは 審査をも楽しめるように、前を向いて頑張り続けるしかありません。私にできる のは、神戸で出会った多くの素晴らしい人たちや、一緒に稽古を心から楽しんで いるこの道場の仲間と共に、頑張り続けることだけです。 この道場と生徒たちのために一生懸命努力してくれるブライアン、ピーター、明 子に感謝します。そして最近落ち込んでいた私に助言してくれたトニーに感謝し ます。 今後もいつも私を楽しませてくれる素晴らしい仲間たちと一緒に稽古をし続けて いきたいと思います。それでは来年日本でまた会いましょう。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です