地域社会指導者講習会

 この講習会の魅力は、なんといっても、本部の先生方が「ウケを取ってくれる」!・・事です。今回もその恩恵を受け、せいぶ館の会員も何回も、その機会がありました。
 
 藤巻師範の腕は・・やっぱり「前足」! 本部師範特有の、ゴッツイ腕です。この腕を握っただけで、たいがいの人はビビった事でしょう。白帯・初心者を重点的に、きめ細かい指導をしてくれます。里舘指導員、今回で兵庫県での稽古は4度目、3年連続で、すっかりお馴染みです。相撲で鍛えた腰で、疲れなどないかの様に、次々と挑んでくる参加者を相手に縦横無尽に稽古相手を。
 
 
 
 今回初めて救急法の時間が設けられました。姫路の西消防署消防隊員の皆さんの指導の下、人形を使いながら、シミレーション化しつつ、面白おかしく真剣に教わりました。ポーカーフェイスの隊員のちょこちょこと出るユーモァ・・これも楽しみでした‥。
 
 
 
 3コマ目は地元講師・s藤理事長の稽古です。姿勢良く合気道の動きを説明します。
 
 私は観覧席で「見とり稽古」。道場の端っこの方で、hさんと藤巻師範とが稽古をしています。プロの師範同士の稽古・・見ものですね。迫力満点、重量感溢れる動きの中、畳がきしんでいる! プロは、こうして鍛えているんやなぁ‥と今更ながら、感心しながら見ていました。ええもん、見せてもらいました。
 
 
 
 稽古後・・「お楽しみ」。灘菊へ直行。直会。
 
 あっという間に、あちこちで盛り上り。席を立ち、席を変え、酒が行きかい、笑い声が飛び散り、大宴会。y野君は学生時代にお世話になった師範と、懐かしうれしのしばしの時間。みんな、明日の稽古は大丈夫? 
 
 二次会どころか・・・ホテルに戻ったのは1時半とか‥! 






This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.