遅くなりましたが・・栗林師範稽古 参加レポート  mats

 さらっと感想を書くならば、“感じ”として得られたことを今後の稽古で試していきたいの一言かなと思います。
 最近、日常の稽古で感覚というものをかなり意識しています。今回の講習会でも、見て聞いてだけでなく、体を崩す、投げる時の感覚を考えながら稽古をしました。相手の動きに合わせる体の使い方について、師範の手を取った時に前に押す攻めと、下に抑える攻めの二つの攻め方をした時に手を通じて感じたことはすごく参考になりましたし、自分の重さの伝え方においても、良い点、悪い点の整理ができて、いろいろな意味での収穫がありました。今後、得たことは稽古の中で不器用なりに試行錯誤し、悪い点はじっくり直して、自分の合気道にしていければと思います。
 あと、これは雑感ですが、稽古の中でせいぶ館東京支部?のI佐さんの動きが、何か鋭くなってて・・・。重量級の自分が飛ばされるくらい技が効いているわ、ふと見ていたら師範の投げにも華麗に受けとっているわで、どこまで進化するのだろうと思いました。本当に。
 自分も、細く進化したい・・・。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.