審査作文

「これからも続けたい合気道」iwa

九級から七級に飛び級と言われた時、本当に自分も飛んでしまいそうなくらい嬉しかったです。なぜかと言うと、自分で言うのもなんですが、かなり自信があったからです。特に自信があったのは、膝行です。手を膝において、姿勢を良くするように気を付けました。

審査で困ったことは、自由技の時に回転投げを忘れてしまった事です。

 今はコロナがあって棒でしか出来ないけれど、私は前のように手で合気道をしたいと思っています。その日のために、今できる棒を精一杯頑張ろうと思いました。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.