Fw: Re: 地域社会指導者講習会 kaw

先日姫路の方で開かれた指導者研修会に参加してきました。

日曜日のみの参加でしたが,多くのことを学ばせていただきました。今回ご指導にきてくださったのは,入江師範であります。私はこの方の稽古を受けるのは初めてでしたので,期待に胸が膨らみました。姫路ということで,片道
1時間もかかる長時間移動でしたが,その期待を胸に道中ずっとワクワクしていました。

コロナ禍に入って以降,久々の長時間の徒手稽古だったころから,楽しかった反面,やはり難しいなとたくさん思いました。また私自身がコロナ前の遠藤師範の稽古が大勢の人が一堂に会して集まる最後の稽古だったので,久しぶりの大人数につい緊張と高揚感を伴った武者震いを感じていました。遠藤先生の時はまだ私は合氣道を初めて
2ヶ月のピカピカの白帯だったので,何を言うてるのかさっぱりな状態でした。2
年も経つと少しは成長できていたのか今回は「学ぶ」という姿勢でちゃんと稽古に励めていたのではないのかなと少しだけ思えました。でも分からないことももちろんたくさんありました。やはりまだまだ稽古に励まなければと引

き締められました。

一緒に来ていた後輩のS
君は初めての大勢が集まる稽古だったので,あまりの緊張ぶりに中々体が思うように動いてないように感じました。彼も稽古が終わったあとは緊張が取れ,疲れが出ている様子でしたが,もっとうまくなりたいとワクワクしているような高揚感に浸っているようにも見えました。私も負けないように稽古に励みたいと思います。また,次の指導者研修会や師範稽古に参加できること,前のように他の道場の方ともたくさん手合わせできる日々が来ることを待ち望んでいます。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.