Fw: Re: 地域社会指導者講習会sib

地域指導者研修会に参加して

へとへとの2日間となりました。
1日目はよく一緒に稽古する道友と和気あいあいながらも真剣に、2日目はいつもお世話になっている先生2人にしっかり技をかけられ、精一杯受けをとる充実した稽古をしました。

私は稽古するときに、「うまくなる」ことをもちろん目指しているのですが、それを目指すとやっている間にうまくいかず心が折れるので、最近は「誰よりも真剣で一生懸命やる」ことを目標に稽古をしています。今回の講習会もなるべく師範の近くで見取りをし、わからないながらも精一杯技を盗むこと、組んだ相手の技をなるべく最後までしっかり感じることを目指していました。2日目が終わったときには、せいぶ館の畳とは違うせいか、左膝下には大きな青あざが、右足の甲は2か所皮がめくれて、絆創膏なしでは正座もままならない状態でした。でもまったく悔いはありません。これからもこの研修会のような真剣な稽古をしていきたいです。

普段の稽古も真剣ですが、やはり本部師範の稽古は空気が違い、稽古人全員が身を引き締まる思いで稽古をしているのが伝わってきます。なるべく多くの師範稽古を経験して、より「うまくなれれば」、と業の深い私はやっぱり思ってしまうのでした。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.