研修会に参加して f.k

兵庫県において、久しぶりの研修会。本部師範はじめ、県連各道場の道友の皆
さんと再会出来る事を楽しみに参加し、お元気な皆さんとお会いできる事が出来、
今日まで合気道を続けてきてよかったの改めて感激しました。

入江師範の稽古では、今までにない武器を使ってのスムーズな体捌きで基本技
をされる中、有段者の審査要項にある「武器取り」をテーマとしたものと、思わ
れます。久しぶりに手を取り、密着した稽古法に、嬉しさのあまり、マスク着用
している事を忘れ、息苦しさを感じた時に講師の方から「休憩」と数回にわたる
合図があり、水分補給、手の消毒などにより熱中症で倒れる事なく最後までなん
とか時間内の稽古を続ける事が出来ました。

また、高野先生の「合気道家の為の障害予防」に関する講義では、武どうかと
しての身体に関する幅広い解説を頂き「合気道の稽古人」として改めて理解を深
める事が出来ました。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.