感想文です。

三つ子の魂百まで??

この度は昇級できて、嬉しいです!

指導して下さる先生方、お稽古をして下さる皆様、自主練にも付き合ってくれる優しい皆んな、本当にいつもありがとうございます!

私は子供の頃の習い事も、学生の頃の語学も、自慢ではありませんが、何一つ続いたことがありません^^;

合気道が続いているのは、

とにかく楽しいから!

そして合気道を通して人と繋がれるから!

私が言うのも何ですが、

「やっぱり好きこそものの上手なれ」ですね。上手になりたいです^ – ^

実は私はそんなに武道向きの性格では

ありません。

のんびりとした怖がりな性格です。

ただ、私には一歳上の兄と、3歳上の兄がいます。

歳が離れていれば、可愛がってもらえたのかもしれませんが、なんせ歳が近いので、

よく虐めれました。

ムキになってやり返そうとすると

蹴られて殴られて終わり。

体格の差、力の差、頭の良さの違いで絶対に一度も勝てませんでした(笑)

母に訴えても、仕事と家事、育児で忙しい母は、「負けると分かっていて喧嘩するアンタが悪い。」と言って終わり。

私から喧嘩をしかけたことなど、一度も無かったのに、子供の頃の私は超理不尽な思いをしながら育ちました(笑)

余談ですが、もちろん食べるのも競争!

焼肉などは肉が焼けるまで箸でお肉を押さえていないと食べれなかったし、大皿に盛られた料理はのんびりしてるとありつけませんでした(笑)

(昔はそんな感じでしたよね?)

だから今でも食い意地がはっています(笑)

大人になったら いつか 仕返ししてやる!と、子供の頃、ずっと思っていました(笑)

もちろん今となっては思っていませんが(笑)

私は負けず嫌いではないけれど、

子供の時の悔しかった気持ちが、

心の中に残っているのかな?

だからこそ、合気道という素敵な武道と出会って続けていられるのかな?

と今回感想文を書くにあたり、思いました。

長々とすみません!

合気道を始めてから、

今が一番楽しいといつも思っています。

これからも楽しみながら続けたいです^ – ^

Posted in 公式連絡 | 感想文です。 はコメントを受け付けていません。

結婚式

 めでためでたの結婚式。

 せいぶ館の、期待の若者と、他の道場で稽古をしている・・無茶苦茶感じのえ

え子、との合気道結婚式。

 楽しい、明るい、朗らかな、新家庭になるであろう・・出発記念日です。

 合気道をしていた事が結婚へ、合気道が幸せの道・・かな? と思わせるよう

な二人の言動。

 しあわせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

Posted in 公式連絡 | 結婚式 はコメントを受け付けていません。

昇級審査の作文加古川

合気道  tatiga

 今回、5級をもらいました。

1つ思ったことは、一般(大人)と審査を受けていたことです。

なぜかというと僕はまだ中学生で一般とは別で受けるはずだったからです。

 今年で4,5年目ですまだまだ技術的にも足りないのでこれからも稽古を

して「段」を取れるように頑張ります。

  合気道   tatihu

今回、準9級を受けました。

お兄ちゃんとしたのでやりやすかったです。

これからもよろしくお願いします。

Posted in 公式連絡 | 昇級審査の作文加古川 はコメントを受け付けていません。

9/17 (月・祝)の予定

900930 座禅会

10001130 中尾

Posted in 公式連絡 | 9/17 (月・祝)の予定 はコメントを受け付けていません。

《審査9月8日》

「昇級審査を終えて」AF

審査で前に出た時、とても緊張しました。でも、合格できてうれしかったです。

私の他に審査をしているところをたくさん見ました。私も、みんなみたいに上手になりたいなと思いました。

合気道は、楽しいです。これからもがんばります。よろしくおねがいします。

「審査を終えて」TF

合気道を始めて1年半が経ち、今回初めて審査を受けました。課題はたくさんありますが、合格をいただきました。ご指導いただいた先生方、先輩方に深く感謝いたします。ありがとうございました。

始めたばかりの頃は、説明を受けても思うように体も動かず、ただただ、合気道って難しいと感じていました。

1年を過ぎたくらいから、少し変化が生まれました。前回できなかったことができるようになったり、説明が理解できるようになったり、合気道が楽しいと思える瞬間が増えてきました。教えていただく毎に、一つ一つの動きに意味があり、奥深いなと感じました。この学びがもっと増えるように、頑張っていきたいと思います。

今後とも、宜しくお願い致します。

Posted in 公式連絡 | 《審査9月8日》 はコメントを受け付けていません。

加古川合気会秋季昇級審査感想文の送付

「三度目の審査を受けて」   Y.N

三度目の審査を受けて、この度7級になりました。

いつも教えてくださる先生方をはじめ、お世話になっている方々に感謝の気持ち

でいっぱいです。

母には、ずるずると道場まで連行され、稽古回数が足りたような感じです。

兄には、家で不意打ちで攻められる「辻斬り」をされたりしています。

今後も、家族と一緒に合気道を続け、次は6級を目指したいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

「子供用の審査を卒業して」   M.N

高校生になって、子供用の審査を卒業しました。

今回、無事に5級に昇級することができました。ようやく、大人用の級です。

受験生の時、しばらく合気道とはご無沙汰していましたが、夜毎、母の稽古に付

き合わされていたおかげか、腕や感覚が思ったよりなまらずに乗り切れました。

審査の直前も、部活や合宿やで、詰めて稽古に行くことはできませんでしたが、

今までしていたことだからと落ち着いて審査に臨むことができました。

次は、4級を目指して、妹の辻斬り(家で不意打ちで攻撃されること)をかわし、

母のしつこい復習の相手をしながら頑張っていきます。

今後とも、ご指導、よろしくお願いします。

「2級に昇級して思うこと」   T.N

昇級審査も4回目となり、今回、2級に昇級させていただきました。

いつもご指導いただいている先生方、諸先輩方、稽古仲間の皆様のおかげと感謝

の念に堪えません。

前回、3級となり憧れの袴を着けることができました。

一つ目の憧れを手にすることができ、合気道に対する熱が冷めるかと思いきやま

すますのめり込んでいます。

今回受けた2級では、審査時の課題となる技の数が一気に増えます。

一覧を見ただけでげんなりしてしまいましたが、よく考えれば、ずっと少しずつ

積み重ねていることがほとんどだと気が付きました。

それぞれの技への入り方が多くあるので、不安はありましたが、積み重ねたこと

を落ち着いて出し切れればいいのかなと思うと少し不安感が薄れました。

ただ、審査直前に台風の影響で稽古が中止になったり予定通りに行かず、最後の

1週間は今までになく焦っていました。

審査当日も、独特の雰囲気で「落ち着いて」とは行きませんでしたが、途中から

はなんだか楽しくなっていました。

次の1級は、段を意識する段階に入ってくると思います。

技の数は2級とほぼ変わりませんが、2級以上のものが必要となってくると思い

ます。日々の稽古を重ねながら、自分なりに進化していけるよう努力していきま

す。

視線が落ちている等のご指摘もあり、次こそは、万全の状態で審査に臨みたいと

決意を新たにしています。

今まで以上に精進していきますので、今後ともご指導、よろしくお願いいたしま

す。

Posted in 公式連絡 | 加古川合気会秋季昇級審査感想文の送付 はコメントを受け付けていません。

加古川合気会

   試験を終えて    G.S   準六級

今回の試験で準六級になりました。

でも六級になれなくてくやしいです。

だからもっと合気道をがんばりたいです。

これからも合気道のみなさんと仲良く稽古を出来たらいいなと思います。

次は六級めざしてがんばりたいです。

ありがとうございました。

Posted in 公式連絡 | 加古川合気会 はコメントを受け付けていません。

加古川合気会  sib

「三度目の審査を終えて」   A.S  三級

この度、三級を頂く事が出来ました。

この夏はとても暑く、何度も倒れそうになりました。

やはり私は体力が無いなと実感しました。

しかし、合気道を始めた頃に比べると、少し休憩すれば心臓の脈拍数が

すぐに落ち着いていき、また稽古に参加出来ていました。

今回も、「もう少し上体を起こしましょう」とご指摘を頂きました。

これは五級の審査の時にご指摘を受けた内容と同じです。

気を付けていたつもりでしたが、やはり普段の稽古で出来ていないと

いう事だと思いました。

今回の課題はもう一度  上体を起こし、姿勢に気を付ける にしたいと思います。

二級をめざしてより稽古に励みます。これからもご指導をよろしくお願い致します。

Posted in 公式連絡 | 加古川合気会  sib はコメントを受け付けていません。

秋の審査作文の件 kakogawa

表題「怪我」

審査まで1ヶ月をきった頃、犬を連れたまま自転車で転倒し、肩と手を受傷しました。痛みがとれず受診したところ、骨に異常はないが、内出血、捻挫、打撲とのことでした。

次の稽古は、痛みと、稽古相手に迷惑をかけないかが心配で、欠席しようか迷いましたが、サポーターをつけ、できる動作だけやってみようと出席しました。

結局、痛みは思ったほど悪化せず、また皆さんは、快く稽古相手をしてくださいました。

後日、中尾先生の指導日があり、サポーターをつけて稽古していると「怪我をしているからといって、戦う相手は待ってくれない。怪我に応じた稽古が大切」とお言葉を頂戴しました。

今後は、その時々の自分の状態を把握し、その上での対処に努めてまいります。

加古川合気会 nis

Posted in 公式連絡 | 秋の審査作文の件 kakogawa はコメントを受け付けていません。

平成 30 年度・秋  昇級・昇段審査

 830から1時間の稽古後、審査を始めます。

 今回は5級受けの人が多く、「これから」が楽しみな審査になりました。出来

ている人やら・・不十分な人やら・・いつもの審査風景が続きます。

 いつもの事ながら、稽古は裏切らないなぁ・・。そのまま出るなぁ・・もっと

もっと! せなあかんなぁ‥。

 審査後のメニューは、すし・関東炊き・ヒネ鳥と野菜・餃子・そば焼き・うど

ん焼き・鯵の酢の物・豚足・・・今回はOさんの差し入れ、水害支援の「獺祭

島耕作 精米50」の酒があり、まぁ・・盛り上りました。

 稽古と直会・・はセット! を再確認!! で夜は更けていく・・。

5級  大塚光夫 王暁 岩井一尊 森田榮一 河村健志 川畑博志 土井淳生

4級  岩松高史 小屋裕章

3級  松田吉洋

2級  サメル・カツドウラ 岡本侑子

1級  柴田智美 山田百峰 伊豆好史

弐段  山本晃平

参段  矢野勝 杉山義隆              以上18

Posted in 公式連絡 | 平成 30 年度・秋  昇級・昇段審査 はコメントを受け付けていません。