演武会感想文id

全日本への参加は18年ぶりでありました。前回と比べると開祖の直弟子であった先生方の演武が随分減って世代交代が進むと同時に、一般の方々の演武がかなり増えたという印象がありました。私もそんな一人で、今回は兵庫県の指導者という枠で90秒の演武を行う機会に恵まれました。不甲斐ない演武で、反省点も多々あるのですが、途中で倒れずに最後まで演武を終えたことは幸いでした。おおよそどのような技を行うかは頭の中では考えていたのですが、新阜君、畑中君にはぶっつけ本番にも関わらず丁寧に受けを取ってもらって本当に感謝しています。中尾さんから慌てないようにと言われていたこともあってゆっくりと演武したつもりでしたが、やはりスピードが上がってしまったためか予定していた技数をこなした後に時間を余してしまいました。申し訳ありません。今回の出場にあたり指導者枠への推薦をしてくださった浜崎さん、中尾さんをはじめ稽古の相手をしてくださった道場の皆様には大変感謝しております。ありがとうございました。感謝といえば演武会後、大学合気道部のOBが集まる会がありました。その中で稽古回数に話題が及んだ際に皆から一様に奥さんに感謝しなさいと諭されました。仕事と家庭、そして稽古のバランスをとることが難しい年代なのだと思いますが、そのことをかみさんに言うと「ほれ見なさい、周りの人たちは皆さんよくわかっていらっしゃるのよ。」と勝ち誇った顔をしておりました。ほんと、バランスは難しい。今日は感謝の意を表して、午後から3人の子供の遊び相手をしてかみさんに自由な時間を差し出すことにしよう。

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.